夫婦仲が冷え切っていても、様々な事情から離婚はしないと決めている人も多いでしょう。しかしその場合、「女としての自分」は諦めるしかないのでしょうか? 離婚カウンセラーとしてこれまで3万件以上の夫婦問題の相談にのってきた岡野あつこさんが前向きなアドバイスをくれました。

 


Happy南風さんからの質問

Q. 夫とはセックスレス。女としての快楽がこの先二度とないかと思うと辛いです。


夫婦関係について悩んでます。離婚する気はありません。20歳の娘が一人います。娘を妊娠してから夫婦関係は一度もありません。 私は二人目が欲しくて何度もお願いしましたが、夫は私を女性として見ることができないと言って、希望に応えてはくれませんでした。夫は当時、職場の部下と関係があったようでした。育児と介護で30代、40代が過ぎ、閉経を迎える年齢になって、女性としての人生があまりに少なかったことを悔やんでいます。

夫には愛想も尽きて、手をつなぐことも絶対に嫌ですが、夫以外の男性になら女性として受け入れてもらいたい。女性としての快楽を死ぬまでに一度でいいから経験したいと思うようになってしまいました。あまりに愚かなことを考える自分が情けなく辛いです。今誰かと関係を持ったら、私は法律に触れてしまうのですよね? こんな気持ちを捨て去る方法を教えて下さい。お願いいたします。(53歳)
 

A. まずは徹底的に自分磨きを。離婚するしないで悩むのはそれからです!


ストレートに言わせていただきますと、Happy南風さんが法に触れないセックスをするためには2つの道しかありません。それは夫とするか、離婚して別の男性とするか、です。夫と離婚しないことを選ぶのであれば、夫とするか、何とか我慢をするしかありません。でもHappy南風さんは他の男性としたい、そして女性として受け入れてもらいたいのですよね。今回は、そこにポイントを置いて解決策を伝授させていただきます。

まず忠告させていただきたいのが、バレて大変なことになる人が多いので不倫はやめておきましょう、ということです。不倫が発覚すれば、夫は怒って離婚を申し立てるかもしれませんし、その際には慰謝料も請求されるケースが多いです。

 
  • 1
  • 2