umessyuさんからの質問

 

Q. 湿気の多い時期にどう過ごす? マスク生活のポイントを教えてください。


春は花粉症、冬はインフルエンザ予防策としてマスクをしていますが、まさかこの時期もするなんて思いもしませんでした。湿気の多い日・気温の高い日はマスクの中が蒸れて汗だくになることも。こういう時のケア法があれば教えてください。
(できれば外出時のケア法も教えていただけると嬉しいです)


美容家・小林ひろ美さんの回答

A. マスク内のオーバーヒートを避けるため、「マスク内換気」を忘れずに

 

まさかの出来事に驚くことばかりですよね。梅雨・真夏にマスクをする生活がくるなんて思いもしませんでした。今でもマスクを着けていると息が重く、蒸れますよね。摩擦で肌が赤くなったり、かゆみの症状が出ているように、想定外の肌状態にどのような対処をしていいのか、わからないという方もいらっしゃると思います。
ここでいくつかマスクを着けても快適に過ごせる方法をご紹介します。

①マスク内の換気
マスクを外すことは難しいのですが、ならば“マスク内の換気”をしましょう。マスクの顎部分から空気を入れて、マスク内のオーバーヒートを避けるようにしてください。

②マスクで蒸れた皮脂・汗を取り去ってリフレッシュ
皮脂や汗などでベタつく、マスクが蒸れて不快に感じた場合は、思い切ってリフレッシュしましょう。外出先(化粧室など)でマスクを外す機会のあった時に、スプレータイプのローションを顔に吹き付けて、ティッシュオフする方法もおすすめ。
キュレルの「ディープモイスチャースプレー」やアベンヌの「アベンヌ ウオーター」、ミノンの「アミノフルシャワー」など、敏感になった肌にも安心して使えるため、1本持ち歩くと便利ですよ。

③マスクによる肌荒れを減らす方法
マスクの摩擦やこすれで肌荒れを起こしてしまう方におすすめのケア法です。マスクが肌に当たる部分にパウダーを塗ると、パウダーがクッションになって摩擦が軽減。ボディパウダーでも良いのですが、イプサの「スキンケアパウダー」がおすすめ。素肌の上に使用するパウダーで、美白美容成分も配合しているので24時間美白ケアが可能。夜のお手入れの後にささっと塗ると、寝ている間もケアしてくれるというスグレモノなんですよ。

薬用美白有効成分はもちろん、肌荒れを防ぐ成分も配合した美白フェイスパウダー。 スキンケアパウダー 【医薬部外品】25g(パフ付き)¥5000(税別)/イプサ お問い合わせ先/イプサお客さま窓口 tel. 0120-523543

④マスクをチルド室で冷やす
暑さ対策のマスクも各メーカーから登場していますが、今あるマスクの対応策として、マスクを冷蔵庫で冷やすという方法も。清潔なマスクをジップロックに入れて冷蔵庫のチルド室に保管します。近場の買い物や用事で外出する時に取り出しています。その場しのぎでやってみたら意外と快適で、今も継続中。是非、お試しを!

PROFILE
  • 小林ひろ美さん/美容家美・ファイン研究所/リバイタライズサロン クリーム 主宰 大学卒業後、輸入業や翻訳、企業の通訳業などを経て、美容家である母・照子と㈱美・ファイン研究所を設立。海外での生活体験を元に、多面的な視点からのより心地良いライフスタイルを提案。納得の理論と簡単で効果的な美容法は幅広い年代の女性の支持を集め、身近な物を使ったアイデア溢れる美容法にも定評がある。テレビ・女性誌を中心に活躍中。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/長谷川真弓 

 

前回記事「毛穴の悪目立ち、ファンデに頼らずにケアする方法とは?」はこちら>>

ビューティのお悩み回答者一覧