1

肌荒れ、にきび…マスク肌トラブルを回避する4つのスキンケア法

③ 乳液をジェルor美容液にチェンジ

 

化粧水で水分補給をして潤い力を高めたら、保湿アイテムで潤いを逃さないお手入れを。「ベタつくのが嫌だからという理由で乳液やクリームを省略してしまう方がいますが、それは肌にとって逆効果。水分が外に逃げてしまい、より乾燥してしまいます。夏場はさっぱりしたジェルタイプや美容液を使用するといいでしょう。ジェルは肌の表面に膜を張るので、毛穴の開きを防いでくれます。目のまわりに使用すればピンとしたハリ感も。リフトアップ効果も期待できますよ」(赤松さん)。

(左から) 超高浸透ビタミンC誘導体を惜しみなく配合。肌のザラつきにもおすすめ。 パーフェクトC エッセンス 30mL ¥7000(税別)/ドクター津田コスメラボ 潤いを肌のすみずみまで届ける高保湿ジェル。ひんやりとした感触もこれからの時期におすすめ。 RMK リフレッシングジェル 60g ¥5000(税別)/RMK Division

 

 

④ 抗菌作用のある精油をミックスして肌を守り抜く


マスクから肌を守るためにはとにかく「菌」の繁殖を防ぐこと。「例えば、ティーツリーやラベンダーの精油は抗菌・抗炎症作用があるため、お手持ちのコスメに1滴足して使うと効果的。精油は香りの効果も高いので、気分もリフレッシュします。こういう時にこそ上手に取り入れたいですね」(赤松さん)。

肌に直接つけられる精油をお手持ちの乳液、クリーム、ジェル、美容液などの保湿アイテムに1滴プラスするだけ。精油の香りを嗅ぎながら顔全体に。
(左から) 100%ピュアエッセンシャルオイル。炎症を抑える効果があるためニキビに直接塗ってもOK。 エッセンシャルオイル ラヴェンダーファイン 5mL ¥2200(税別)/シゲタ・ジャパン 爽やかな香りが広がるティートリー。リフレッシュしたい時にも活用して。 エッセンシャルオイル ティートリー 10mL ¥2500(税別)/ジュリーク アロマセラピストからも支持が高いティートリー。肌トラブルに広く使われている。 エッセンシャルオイル ティートリー 10mL ¥2100(税別)/フレグラントアース

赤松 絵利

ESPER代表/ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌・広告・ヘアメイクプランナーとして活躍。 蒼井優、綾瀬はるか、多部未華子、常盤貴子、松岡茉優(敬称略、五十音順) など多くの女優を担当。著書『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書』(講談社)

撮影/角田航
取材・文/長谷川真弓
構成/片岡千晶(編集部)

【お問い合わせ先】
アクセーヌ tel. 0120-120783
オルビス  tel.0120-010-010
アルビオン tel. 0120-114-225
メイクイット アンド コー tel. 03-5537-6251
コーセー tel. 0120-526-311
エリクシールお客さま窓口 tel. 0120-770-933
ドクター津田コスメラボ tel. 0120-555-233
RMK Division tel. 0120-988-271
シゲタ・ジャパン tel. 0120-945-995
ジュリーク・ジャパン お客さま窓口 tel. 0120-400-814
フレグラントアース tel. 03-5537-6251

​第2回「マスク焼けを防ぐ日焼け止めの塗り方と注意点」はこちら>>
第3回「マスク前提のメイクは「ファンデなし&メイクは目元のみ」で清潔感を!」はこちら>>

​第4回「マスクと髪のベストバランスを見つけた!」7月13日公開予定

  • 1
  • 2