自分が不倫をしてしまった場合、離婚時の条件はどう不利になるのか、金銭面の他にも影響が出てくるものなのか? 離婚カウンセラーとしてこれまで3万件以上の夫婦問題の相談に乗ってきた岡野あつこさんが、そんな不安に答えてくれました。

 


きむりえさんからの質問

Q. 子どもが自立したら離婚したい。私の不倫の影響と、必要な事前準備は?


高校生の子ども2人が大学を卒業したら、離婚をと考えています。理由は私の不倫ですが、私からすれば、夫婦関係は10年以上前から破綻していたと思っています。夫からは今すぐに離婚したいと迫られましたが、金銭面等により子どもたちが自立できるまで待って欲しいとお願いし、今に至ります。家庭内では一切会話も、目を合わせることもしません。おそらく調停という形になると思いますが、離婚に向けて今から私が準備すべきことを教えていただきたいです。(40歳)
 

A. 私の知る限り、妻の不倫は離婚時の財産分与に全く影響しません。


子どものために、夫に離婚を思いとどまってもらっているとのこと。きむりえさんは、夫への愛はすでになく、子どもの大学卒業後は確実に離婚したいと思われているのですよね。実際、子どもが大学を卒業すれば養育費の問題がなくなりますから、離婚はぐんとしやすくなります。子どもの卒業のタイミングで別居を始めれば、さらにスムーズに進みやすくなると思います。ですから別居をして、その後離婚の申し立てをするのが“早い離婚”に繋がります。きむりえさんがいくら「夫婦関係は破綻していた」と言っても、同じ屋根の下に暮らしていれば破綻とはみなしてもらえないこともある。だからこそ、別居をしたほうが確実です。

もし可能ならば、今の段階で、弁護士を立てて「子供の卒業後に離婚します」といったこと記した合意書を作っておいてください。離婚に合意したという証拠は、より確実に離婚をするためには有効です。

きむりえさんが心配されているのは、「自分の不倫がバレているため離婚条件が不利になるかも……」ということだと思います。実は、私が受けてきた相談では、妻の浮気が夫婦の財産分与に影響したケースは一件もなかったんです。夫の退職金も、年金も、ちゃんと半分もらえていました。それにきむりえさんは浮気がバレてはいるものの、夫は子供が卒業するまで離婚しないことに承知してくれたとのこと。このケースは「浮気が許された」とみなされる可能性も高いです。

ただし夫が自分の財産を隠してしまうと、もらえる分ももらえなくなってしまいます。夫の給与、ボーナスなどしっかり把握し、隠されないよう気を付けてください。

そして何より大事なのは、新たに自分の不倫が見つからないようにすること! 不倫は財産分与には影響ありませんが、夫の気持ちがこじれて離婚調停が長引く可能性があります。下手すると夫が意地になって「離婚しない!」と言い出す可能性もあります。

まとめますと、夫にお金を隠されないようにすること、そして不倫を見つからないようにすること。今はこの2点に気をつけながら暮らし、子供の卒業と同時に別居を開始し、離婚を申し立てる。このように行動すれば、スムーズかつ損のない離婚ができるはずです。
 

PROFILE
 取材・文/山本奈緒子

 

前回記事「【夫婦問題】全く人に共感できない…そんな夫を喧嘩せずに変えるには」はこちら>>

ライフスタイルのお悩み回答者一覧