これまでは自由気ままな生活を楽しんできたけれど、今後は共に過ごすパートナーがいてもいい……。人生の後半にさしかかり、そんなふうに思い始める独身女性は多いのではないでしょうか。離婚カウンセラーのかたわら、結婚相談所の代表としても活躍している岡野あつこさんが、50歳からの婚活についてアドバイスをくれました!

 


Barringtonさんからの質問

Q. 人生の後半を一緒に楽しめるようなパートナーと出会いたいのですが……。


50歳、独身です。仕事が好きで、これまでは仕事があれば、ずっと一人でも平気だと思って生きてきました。ですが人生も後半にさしかかり、定年なども見えてくると、定年後の人生を楽しむためのパートナーがいるのも悪くないかな、と思い始めています。家事など、古い観念での女性の役割を求めるような男性はお断りで、趣味を一緒に楽しめる男性と出会いたいと思っています。しかしこの歳で、そもそもどのように出会いを探せばいいのか全く分からず、今のところ何も行動していません。何かアドバイスをいただけませんでしょうか?(50歳)

A. まずは「絶対に相手を見つけるぞ!」という覚悟が必要です!


相談内容を拝見しまして、Barringtonさんは離婚して独身というわけではなく、これまで一度も結婚をしたことがないということでよいでしょうか。今回はその前提でアドバイスをさせていただきますね。

手厳しいことをお伝えしてしまいますが、50歳まで結婚していないということは、これまで結婚においていろいろな面で飛び込むことができなかったからだと思うのです。たとえば決断する勇気が持てなかったとか、結婚に求める条件をどうしても譲れなかったとか。そのようなBarringtonさんがこれからパートナーを探すとなると、まずは行動力をパワーアップしなければなりません。


オススメは、とにかく数を当たることと、期限を決めて行動することです。アクションを起こさない限りは相手は見つかりませんから、できるだけ多くの場に出かけてください。そうして多くの男性に出会えば、ある程度統計が取れます。こういう相手は上手くいかないからさっさと引く、などといったこともだんだん見えてくるでしょう。

 
  • 1
  • 2