2

白髪を増やさない基本のシャンプー法【研究15年のスペシャリストが回答】

意外と知らない!? 「シャンプー」と「白髪」の関係

 

実は意外と知られていないのがシャンプーと白髪の関係性。髪の研究をしてきた坪田さんならではの理論があるのだとか。
「頭皮ケアの大切さはすでにご理解していただいたと思いますが、では実際、どのようなお手入れをすればいいのか? と悩まれる方も多くいらっしゃいます。でも、そんなにかしこまることはなく、いつもしているお手入れで十分。そのひとつがシャンプーなのです。

シャンプーは髪についた汚れを落とす、と認識されている方は多いのですが、頭皮ケアにも重要な役割を担っています。頭皮や毛根の詰まりなどにより、正常な細胞の働きができなくなったら白髪にもなりますし、髪も生えて来なくなってしまいます。たかがシャンプーですが、大人になればなるほどシャンプーは大切なんですよ」(坪田さん)。

 

そこで、ズバリ質問。
「正しいシャンプーの仕方、知っていますか?」
シャンプーの効果的な時間は? 泡立て方は? すすぎの方法は?など知っているようで、実は知らないことだらけ。この機会にしっかりとシャンプーテクニックを習得しましょう。

 

①お湯でよく汚れを流す
頭皮を洗う際にはぬるま湯でしっかりと髪を濡らしてから、シャンプーを十分に泡立ててください。お湯で汚れは80%落とせ、スタイリング剤や酸化した皮脂などはシャンプーに含まれる洗浄成分でしっかり落とせますので、過剰にシャンプーを使用する必要はありません。

 

②頭皮をマッサージしながら洗う
頭皮から指をしっかりと入れて泡で頭皮を洗います。その際、指の腹でマッサージするようにやさしくゆっくりと洗ってください。爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまうのでNG。また、生え際から頭頂に向けてマッサージするように。

 

③上を向いて3分ほどシャンプーを
肌は顔も頭部も続いているのでリフトアップ効果もあり、老廃物の排出を促します。シャンプー中のマッサージは上方向(リフトアップ方向)におこなうと良いでしょう。

 

④十分な水量ですすぐ
すすぎは頭皮に指を入れて頭皮にシャンプーが残らないように十分な水量ですすいでください。洗浄成分は泡が無くなっても残っている場合がありますので、泡が無くなってもしばらくすすぐように心がけましょう。

頭皮と髪を健康に導く「スカルプ」シリーズ。 ニオイやフケを予防する薬用シャンプー。ハリのある髪へ。 ピュアシャンプー スカルプ マイルド【医薬部外品】 250mL ¥3000(税別・サロン専売品)/イーラル
髪に潤いを閉じ込め、ふんわりとした仕上がりに。ぺしゃんこ髪で悩む方におすすめ。 ハニーパック スカルプ【医薬部外品】150g ¥2000(税別・サロン専売品)/イーラル お問い合わせ先/イーラル お客様相談室 tel. 0120-36-1186



毎日の生活習慣で白髪を増やさない方法とは?


「白髪になる前に予防することが最善のケア方法ですね。毎日の頭皮環境を正常に保つことがとても大事です」と坪田さん。

●自分の頭皮にあったシャンプー剤で頭皮を洗うこと(肌に負担を与えないこと)
●季節の変化による乾燥から守り、肌トラブルを招かないこと
●簡単なマッサージで日々の頭皮疲れをしっかり取り去ること

が挙げられます。
頭皮マッサージは特に効果も高く、血流促進、老廃物を促すことにより白髪予防に繋がるとか。そこで簡単なケア法をご紹介。

 

「今からでもできる『ブラッシング』です。最近、髪をとかすことをしなくなりましたよね。でも、ブラッシングって頭皮にも髪にも良いお手入れ法なんですよ。毛先の柔らかいブラシで丁寧に髪をといてください。頭皮にある脂が髪にツヤを出すのでおすすめです」(坪田さん)。


他にも、頭皮ケア以外に意識して気をつければ改善の余地はあるとか。
「頭は体の一部であるため、体全体のめぐりが滞ると頭皮環境も悪くなります」(坪田さん)。

●体を冷やさないこと
●適度な運動を行うこと
●栄養のある食事をとること
●十分な睡眠をとる

など、聞いたことあることばかり。「でも、ちゃんと意識して行動に移している人は意外と少ないんです。毎日の生活をちょっとずつ改善し、それをルーティンにする。体が喜ぶ生活習慣を送ってほしいですね」(坪田さん)。
 

取材・文/長谷川真弓
構成/片岡千晶(編集部)

第1回「ズバリ質問「白髪は黒く戻せるの?」に対する医師の回答」はこちら>>

​第3回「ukaのカラーリストに染めるテクニックを」は8月13日公開予定
​第4回「おすすめのホームケアアイテムの紹介」は8月17日公開予定

  • 1
  • 2