女性は身体のメカニズム上、膀胱炎を起こしやすいもの。女性にとって身近で気兼ねなく相談できる生涯のかかりつけクリニックを目指し、婦人科診療とエイジングケアの最先端治療をおこなっている『成城松村クリニック』の松村圭子院長が、膀胱炎を防ぎ、繰り返さないためのアドバイスをくださいました。

 


jinjinloveさんからの質問

Q. 疲労やストレスを感じると、膀胱炎のときのような痛みが起こります。


膀胱炎ではないのに、膀胱炎の時のような痛みが起こることがあります。漢方薬やエストリール腟錠を試してみましたが、完治することはありません。痛みが発生したときに、市販のボーコレンを飲んだり、下腹部を温めると痛みがなくなります。どんな治療をすると良いのでしょうか? ここ数年、疲れたり、過度なストレスを感じると膀胱炎を発症することが度々あります。(52歳)

 

特別ゲスト 松村圭子先生の回答

A. まずは専門医の適切な治療を。冷やさない、トイレを我慢しないなど生活習慣の改善も心がけて!


膀胱炎の痛みというのは、排尿時に起こる痛みです。jinjinloveさんの場合、下腹部を温めると痛みがなくなるとのことですから、排尿時だけでなく排尿後、もしくはそれ以外の時にも痛みを感じている、ということですよね。だとしたら、膀胱炎ではなく「間質性膀胱炎」の可能性があります。膀胱炎ならば、排尿時にしか痛まないものですから。

 
  • 1
  • 2