2

予約の取れない人気女性医師「こけた顔、二重顎におすすめの美容施術とは?」

マスクで顔半分が隠れる毎日を過ごす今、美容クリニックで施術をする人が急増しているといいます。エイジングが深刻化する40代の肌は、美容クリニックでの肌のメンテナンス適齢期。美容インフルエンサーでミモレブロガーとしても人気の奥村真理子さんに、美容クリニックの最新施術をレポートしていただきました。

右・加藤クリニック麻布・美容外科の医師の市原佑紀先生。常に予約はいっぱいの人気医師です。
左・奥村真理子さんは、アパレル会社の取締役。偽りなしの美容情報を発信したインスタグラム(@skinholictokyo)が、フォロワー数4万8千人と大人気。
 

奥村さんが訪れたのが加藤クリニック麻布。実際、肌のメンテナンスのために定期的に通っているクリニックだそう。
「加藤クリニック麻布に通い出したのは40歳になる少し前。通院歴は1年半くらいになります。担当の市原佑紀先生は、肌について何でも相談できる存在なんです」(奥村さん)。

関西出身でとても話しやすい市原先生。小さなお子さんがいるため、基本的に診療は夕方まで。既存の患者さんを優先するため新規の患者さんは現在受け付けていませんが、余裕が出ると募集することも。

以前は大学病院に勤める形成外科専門医であった市原先生。加藤クリニック麻布で美容医療の道に進み、日々、研究を重ねています。
「患者さんにとって、私は信頼された一人の医師です。
そう思っていただいていることを忘れず、人対人、信頼関係を築き上げていくことを大切に思っています」(市原先生)。

「市原先生は年齢も近いし価値観も似ているので、どんな小さな肌悩みも気軽に相談できます」(奥村さん)

奥村さんがいくつかの美容クリニックに通っている中でも、市原先生に信頼を寄せているのには理由があります。
「美容クリニックに行く前には、ウェブサイトやSNSなどで情報を仕入れて、この施術をしてくださいってお願いしますよね。そうすると、大半のクリニックは『では、始めましょう』と、きちんと顔もみずに施術に入ることがあります。

でも、市原先生の場合は、まずは施術内容を一つ一つ丁寧に教えてくれます。その上で、私の顔と全体のバランスを見て、違うアプローチも提示しながら、私に選択をさせてくれます。直近でできることと、将来的なことについても相談にのってくれるので安心できるんですよね」(奥村さん)。

そんな市原先生は、顔の造形のバランスをとくに大切にしていると言います。
「たとえば、ほうれい線が気になる場合、施術でほうれい線を薄くしてそこだけ10代になっても、他の顔のパーツが40代のままだとバランスが悪く不自然になってしまいます。
1点だけを不自然に足すのでなく、ボリュームが落ちてしまったところはきちっと補いながら、滑らかで多幸感がある肌を目指しています。
特に、顔のフェイスラインがスムーズになると、ふわっと優しいシルエットになりますよ」(市原先生)。

画面に写っているのは1年半前の奥村さんの肌と今の肌の比較。「このシミ、気になるんだけど取れるかな?」と、なんでも話せる同士のような二人。
奥村さんがこちらのクリニックで定期的に行っている施術は、ハイフ(高密度焦点式超音波)のウルトラセルQプラス。フェイスラインや首、目元の引き締めとリフトアップが可能です。
  • 1
  • 2