昨今、何かと話題のアンガーマネジメント。大ヒット本『ストレスフリー超大全』の著者で、YouTube動画『樺チャンネル』も大人気の精神科医・樺沢紫苑先生は、それよりもまずは生活リズムを整えることが先だと説いています。


chitotさんからの質問

Q. “怒り”をコントロールできません。キレる性格を直したいです。


意図せずキレてしまい自分を責めることの繰り返しで辛いです。アンガーマネジメントでは、6秒待つ、ひと呼吸置く、など方法があるようですが、私の場合、そんな余裕もなく言葉や感情がすぐに出てしまいます。友人に「怒り日記を書いてみたら?」と勧めらました。書いて気持ちを吐き出したり、考え方を整理すれば気持ちが落ち着くのは実感しています。常にイラついているわけでもなく、暴力に訴えることもありません。何らかの怒りのポイントに触れると一気にヒートアップする感じです。更年期の症状かと思いましたが、これまでもその傾向を自認していたため、性格によるところが大きいと思います。

婚約者と同居中で、彼の優しさに助けられているものの、これ以上キレることが続けば愛想を尽かされるのが目に見えています。婚約者いわく、「仕事含め何でも自分で悪い方へもっていっているように見える」とのこと。体をあまり動かしていないので、運動などのストレス解消も必要なのだと思います。アドバイスをお願いできればありがたいです。(49歳)
 

 

精神科医・樺沢紫苑先生の回答

A. まずは睡眠と運動を整えること。アンガーマネジメントはその後です。


まずは睡眠をしっかりとることと、以前もお話した朝散歩をおこなってください。身体の健康と感情には深い関係があり、実際、運動をしていないと感情の起伏が激しくなるというデータもあります。

 
  • 1
  • 2