5

最新薄毛治療を体験レポート「美容医療でどこまで生えてくる?」

マスクで顔半分が隠れる毎日を過ごす今、美容クリニックで施術をする人が急増しているといいます。エイジングが深刻化する40代の肌は、美容クリニックで肌のメンテナンスの適齢期。
そこで、美容インフルエンサーでミモレブロガーとしても人気の奥村真理子さんが、美容クリニックの最新施術をレポートします。今回は薄毛の治療をスタートした奥村さんに同行取材しました。

左・麹町皮ふ科・形成外科クリニック院長の苅部淳先生。東京大学附属病院の形成外科入局後、国内外の最新の形成外科治療に従事。現在は形成外科専門医として美容診療やアンチエイジング外来など幅広く治療を行っている。
右・奥村真理子さんは、アパレル会社の取締役。偽りなしの美容情報を発信したインスタグラム(@skinholictokyo)が、フォロワー数48000人と大人気!
 

今回、奥村さんが美容クリニックルポのため訪れたのは麹町皮ふ科・形成外科クリニック。このクリニックは友人からの紹介で通い始め、半年になるとか。
「院長の苅部先生の治療のお話はオタクでマニアック!今まで美容医療クリニックでたくさんの先生に診てもらってきましたが、その中でも、苅部先生は研究熱心で知識も豊富です」(奥村さん)。

麹町皮ふ科・形成外科クリニックでは、美容施術だけでなく保険診療の皮膚科も併設しているので、病理検査をした上で適正であれば保険がきく治療にも対応してもらえます。「先天性のあざやシミ、ほくろ、眼形下垂、またワキガなど、保険診療にできるものもあります。ぜひ医療機関に相談してください」(苅部先生)。

患者さんに多少嫌われても、ズバズバ意見を言ってしまうという苅部先生。顔の手術や皮膚の治療をする前に、まずは生活習慣を改善しましょうと提案することもあるんだとか。
「美肌に関しては、腸内環境や保湿、紫外線を防ぐ、ストレス因子であるタバコやお酒を控えるなどの生活習慣で、99%は決まってしまいます。
肌がきれいな人は、そのような生活習慣ができている人がほとんど。だから、美肌を目指したい方には、まずは内科の検査や血液検査、腸内細菌の検査や食事の栄養指導やメンタルケアもして『少しずつ治していこうよ』と提案しています」(苅部先生)。

「先生のような信頼できるお医者さんが増えてほしいです!」(奥村さん)。

さらに先生から美の価値観に対しても深いお話が。
「当院では美容整形の手術もしていますが、手術前でもみなさん美しくてチャーミングな方ばかりです。例えば、一重であってもそれは個性。二重になってしまったらその人の輝きがなくなることだってあります。
みなさん『綺麗になりたい、可愛くなりたい』と言います。けれど『整形をしてそのゴールは?』と聞いても答えられない人がほとんどです。

私は美しくなる目的は、自分自身を愛することだと思っています。医者としては、患者さん一人一人が自信を持てるように背中を押すことしかできません。自分自身を好きで輝いている、それが一番の美しさなんです」(苅部先生)。

  • 1
  • 2