例年よりも寒さが厳しい今冬はダウンアウターが必須アイテム。どうしても厚手なので太ってみたり、ともすると”ただ防寒のために着ている”ように見えがちなダウンだからこそ、コーディネートにもひと工夫が必要です。おしゃれ達人たちはダウンをどう着こなしているのか。コーディネートサンプルをまとめました!

 

【写真】『【40代コーデ】寒波でダウンが必須! 太って見えないコーデ術とは?』を一挙に見る>>


ダークカラーの着こなしが映える!差し色でパープルとイエローを投入

 

「秋冬はどうしてもダークカラーが多くなりがちなので、鮮やかなパープルのパンツを投入しました。ちょっと派手かなと思いきや、形がとてもベーシックなので合わせやすいんです。ダウンはデザイン性が高いウクライナ発のイエンキイエンキにひとめぼれ。オーバーサイズで少しAラインになっていて、羽織るだけでぐっとモードな雰囲気にしてくれるんです。ダウンにわりとボリュームがあるので、それに負けないように大ぶりでポップなネックレスとピアスを合わせました」

【写真】『【40代コーデ】寒波でダウンが必須! 太って見えないコーデ術とは?』を一挙に見る>>


ヘルノのダウンで大人の上質なスポーティカジュアルに

「ずっとダウンジャケットを探していて、やっと見つけました! 背面やフードがウール素材でスポーティすぎず、丈もやや長めでパンツにあわせやすいんです。異素材コンビなので、ダークトーンのネイビーでも重くなりすぎません。今日は少し明るめの青のニットを合わせてグラデーションに。パンツを黒にしたので、足元は白のスニーカーとソックスにして抜け感を出しました」

【写真】『【40代コーデ】寒波でダウンが必須! 太って見えないコーデ術とは?』を一挙に見る>>


グレンチェックを効かせてダウンジャケットを都会的に

 

「防寒着はもっぱらアウトドア限定ですが、オフホワイトのダウンジャケットなら街でも着られるかも、とグレンチェックのパンツをスタイリング。ゴールドがかったイエローのニットは目にも鮮やかで元気をもらえます。アクセサリーはパールを多めに配してカジュアルになり過ぎないように。ファーのバケツ型バッグで遊びも足してみました。」
 

【40代コーデ】太って見えないダウンコートのコーディネート集
▼右にスワイプしてください▼

構成/幸山梨奈

 

【写真】『【40代コーデ】寒波でダウンが必須! 太って見えないコーデ術とは?』を一挙に見る>>

【40代コーデ】一覧ページを見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>