67

【50代ファッション】2つの表情で着れる「ベスト」で秋おしゃれを満喫!

29

ウールボアのベスト


日に日に寒暖差が大きくなってきましたね。寒がりで暑がりの私は
厚手のニットを着るにはまだ
日中は暑くなってしまうので
薄手の長袖を重ねてきたり、
ストールやパッカブルの
ダウンスカーフなどを持参して
温度調整しています。
そして今シーズン手に入れた
「RaPPELER(ラプレ)」のウールボアベストもそろそろ登場させています。

 

モコモコで短めのテントラインにキャップスリーブの深いUネックの可愛らしいデザイン。
これ前後で着用可能なんですよ。
シルクのワンピースにはUネックを前にして着用。

 

ボリューム袖のブラウスとパンツにはUネックを後ろにして着用。

 

2つの表情で着れるのが嬉しい!
考えてみると私のワードローブって
こういうアイテムや如何様にも着れるという物が多いかもしれない。
スタイリングの正解というのは個人的にないと思っているので
まずはあれこれ考えながら着てみて
今の自分に(ここ大事なポイント)
フィットするバランスを見つけて
スタイリングするのが毎日の楽しみ。
これからさらに寒くなる季節。
着用アイテムも増えてくるので
お洒落を楽しみましょう!
ではまた〜。

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。


前回記事「【50代ファッション】ラルフローレンのラッフルシャツの出番です」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>