68

【50代ファッション】ジレやジャケットの首元には「手織ストール」を

21

使えば使うほど良さがわかる
tsutaeの手織ストール


まだ厚手のコートまではいってないですが、ジャケットやロングジレにさらりと巻くストールが役に立つ季節になってきました。
私は「tsutae」の手織ストールを愛用
そういえば去年のもその良さを知って頂きたくて記事にしてましたね

あまりにも気に入ってしまったので
ディレクションしている店
千駄ヶ谷Piliにて
現在「tsutae」手織ストール展
開催真っ只中なのです。(11月20まで)

Pili別注カラーも制作してもらいました。
いくつかある毛糸の色を組み合わせて
こーかな? あーかな? と
想像しながらオーダー。

 

そして出来上がったのがこちらです。
ラムウール100%

 

暖かさはもちろん、巻き心地が優しい
手織のストールはちょっと重厚すぎてというイメージと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが
とにかくふんわり軽さがあるのが気に入ってます。

 

 

他にもいくつかの種類をセレクトしていて、Piliのオンラインでも見て頂けますので良かったら是非ご覧下さいね
ではまた〜!

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。


前回記事「【50代ファッション】2つの表情で着れる「ベスト」で秋おしゃれを満喫!」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>