こんにちは、編集藤本です。

すっかりすっかり病みつきになっている歯磨きジェルがこちら。

虫歯菌・歯周病菌に抗菌活性がある青森ヒバ精油入りのハミガキジェル。青森ヒバとスペアミントの香りで、森林の中にいるかのような爽快感があり、地球にも優しいナチュラルオーラルケアでございます。HIBA WOOD TOOTHGEL 歯磨きジェル ¥1870
泡立たないジェルタイプ。まるでスキンケアのようなリッチ感のあるテクスチャーです。思えば、口の中に入れるものなのですから、素材にはこだわりたいですよね。

ナチュラル系歯磨きジェルの進化が昨今すさまじいですけれども、どちらかというと製薬会社派だった私。それが、ダイエットに歯磨きが効くという記事を読みまして(そういえば、昔の話ですが、タレント山瀬まみさんも歯磨きダイエットに成功していました! )、おやつを食べたくなったら1回は歯磨きでしのぐ、という習慣をつけられたら一石二鳥。1日何回も使うのであれば、ちょっと自然派を取り入れようと思ったわけです。その話をしていましたら、先輩の歯磨きマニア(毎月の歯のクリーニングを欠かさず、歯に関してのみ、名医の聞こえが高い保険診療外治療しか受けないと決めている強者)から、進められたのがこちら。

 

テクスチャーは泡立たず、それがまず新鮮!(モコモコ泡はそれはそれで愛してます)

そして、何より口の中いっぱいに広がるヒバとミントの爽快感ったらありません。しかもその爽快感がとっても自然な感じなのですよ。箱根で檜風呂に入ったような光景が広がります。

自宅での集中入稿を乗り切るために、キシリトールガムを食べすぎてお腹をくだしかけたり(ガム大好き♪)、こめかみが筋肉痛になりかけたりすることもなく、この心地よい歯磨きタイムを取り入れようではありませんか。

 

太りにくい人の生活スケジュールと、太りやすい人の生活スケジュールでは、なんと、歯磨きの回数が1日1〜2回以上違うらしいですよ。
ミントの爽快感が食欲をなくすという説もありますが、口寂しいタイムの1回を歯磨きタイムに変えるのはテレワーク必勝法かも、と思うのでした。

ひとまずは、青森ヒバによるお口の森林浴、最高です!

で、結構白さキープしてくれます。最初はナチュラル派だけに白さは望めないかもなぁと思っていたのですが、なかなかやりますよ。


前回記事「各誌ベスコスで大人気! 炭酸泡洗顔でくすみと角質を一掃してみました」はこちら>>