78

透ける服のインナー問題「ランジェリークのボディースーツ」の話【岡本敬子の50代ファッション】

51

服飾ディレクターの岡本敬子さんが「好きな服を自由に着る」日々のお洒落について綴ります。
 

透ける服のインナー問題解決は
ボディースーツで。


暑かったり寒かったりと
天気も温度も安定しないですね
相変わらず私もパンイチで
服選びに迷う日々でございます。
だからと言っても冬物には後戻りは出来ませんよね……。
この時期大好きなレース素材を手に取ることが多いのですが
その透け透けにはインナーは何着るの? と言われることがあるのですが私は華奢なストラップのキャミソールやベアトップをインナーとして着ています。
それでも十分だったのですが最近信頼しているライターの友人からいいもの教えてもらっちゃいました。それは『ランジェリーク』のミュゼット ボディスーツ
写真見たらこれは買いでしょ! と即購入。

 
 

綿とナイロン、ポリウレタンの
パワーネットが身体に綺麗に気持ちよくフィット!
カットも大胆なデザインなのでレース素材をより魅力的に見せてくれるのが嬉しい〜。

 

これ着たさに透け透けトップスがさらに増えそう?
いやそうなったらボディースーツ1週間分くらい買わないと洗濯が間に合わない? なーんてね。笑
ではまたー!

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。


前回記事「「ラルフローレンのコンチョベルト」でウエストマーク【岡本敬子の50代ファッション】」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>