3

顔のたるみ、むくみに速攻ケア!40代の今だから効果を実感できる簡単マッサージ法

23

コロナ生活で日常化したマスク。それにより、シワやフェイスラインのたるみに悩む女性が急増中。にも関わらず、きちんとお手入れしている人がものすごく少ないのだとか。「慢性化したたるみやむくみは放置せず、元の状態にきちんと戻しましょう」と語るのは、美容家の瀬戸口めぐみさん。今回は、顔のむくみやたるみを解決する簡単マッサージを動画付きで紹介します。

 

瀬戸口めぐみさん/美容家
自然派化粧品ブランドで28年間ブランドディレクターを務める傍ら、エステティシャンとしても活躍し、国内外のセレブリティを顧客に持つ。また、述べ1万人以上の施術を経て独自で開発した「手美容」メソッドは、その即効性から撮影直前に訪れる女優たちの間でも評判に。多くのメイクアップアーティストにマッサージの技術指導も行っている。 2021年秋に独立し、現在は紹介制プライベートサロンを運営。

前回の記事はこちら
40代は「化粧水のつけ方」だけで美肌に変わる!美容家が教えるローションスキンケア」>>

 



エイジングケアの基本のキ!

硬くなった口輪筋をほぐす習慣を
ほうれい線をググッと引き上げる


マスク生活で改めて気づく、ほうれい線やフェイスラインのもたつき。否応なしにエイジングサインが目に飛び込んできますよね。「マスク生活がこんなところにも影響しているの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。でも、思いだしてください。おうち時間が増えたことによって会話が減り、外出してもマスクをしていることで表情も乏しくなるため、顔の筋肉を動かす頻度がどんどん減っているのです。40代以降は筋肉が硬くなり、むくみやたるみの症状が現れるのが常ですが、実は、何気ない会話やおしゃべりが顔のエクササイズに適していたんですよね。

ほうれい線やマリオネットラインのもたつき、フェイスラインのゆるみも年齢だけでなく、生活習慣の影響だとしたら……。それを正せばいいだけ! 硬くなった筋肉をほぐし、元の位置に戻してあげましょう。すると、見た目の変化だけでなく、肌も柔らかくなるため、化粧品の効きが格段に良くなるんです。
凝り固まったエイジングサインは毎日のお手入れでケアも可能に。1日の始まりに、終わりにササッと取り入れられる、簡単マッサージ法を紹介します。

マッサージのその前に!
「顔のコリ」簡単セルフチェック


以前に比べて「ほうれい線が目立つようになった」「マリオネットラインが見える」「二重あごが目立つ」などのエイジングサインは、筋肉が衰えて老廃物が溜まってしまっているのが原因です。口角の横を指でグーっと押してみてください。痛いと感じたら、顔の筋肉が凝っている証拠。楽しんでマッサージのケアしてみましょう!