87

秋の気配を感じたら「半袖ニット」が1枚あると便利!【岡本敬子の50代ファッション】

43

服飾ディレクターの岡本敬子さんが「好きな服を自由に着る」日々のお洒落について綴ります。


季節の変わり目に便利な半袖ニット


日中はまだ蒸し暑い日もありますが少しづつ秋の気配になってきましたね。
実は私はこういう季節の変わり目があまり得意ではありません。
ファッションに関わる仕事をしていると寒かろうが暑かろうが当たり前のように次の季節にシフトしていかないといけないような気がするからです。
年齢を重ねたからなのか? 今の自分のムードがそうさせるのか? よくわからないのですがそのことに少し違和感を持つようになり、自分の体感温度で服を決めよう! と思うようになりました。
なので今のような季節ならば色目を少し秋色に変えたり、ノースリーブから半袖に変えたりしています。
そこで活躍しているのがモカカラー半袖ニット。Le pivotのものです。

 

コンサバになりがちな半袖ニットですがこちらはややルーズなシルエットでいい塩梅の肩の落ち加減と裾がラウンドになっているので窮屈でなく着心地が良いのが気に入ってます。

 

軽めのローブとシルクのプリントパンツに合わせたり。
ワイドパンツにパールチョーカーを合わせて大人ならではの秋色ワントーンコーディネートも良さそうです。

 

こんな感じで無理なく少しづつ秋を深めようと思ってます!
(とは言うものの味覚の方は積極的に秋を取り入れてます。。笑)
ではまた〜!

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。


前回記事「この夏お気に入りの水着とビーチサンダル【岡本敬子の50代ファッション】」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>