しなぽんさんからの質問
Q.
お金に関してダメダメすぎる私に、
何かできそうな解決策を授けてください!

なかなか浪費癖貯が改善できなくて困っています。独身なので、欲しいものを我慢することができず、欲しいだけ買ってしまいます。そのため48歳にして貯金はほぼゼロといっていいでしょう。その一方で、帰宅して一人になると、途端に老後のお金が不安でたまらなくなったりします。物欲を抑える、または投資など、何でもかまいません。貯金する方法はありませんでしょうか?

特別ゲスト 小林照子さんの回答
A.
浪費できる行動力と決断力があるなら
投資が向いているかもしれないわね

面白い相談ね(笑)。つい浪費しちゃう、だから貯金できない、でも老後が不安……。素直すぎて、笑っちゃうわ。

こう考えることはできないかしら? しなぽんさんは、まだ人生において物欲時代にいるのよ。お腹が空いている人も、たくさん食べてお腹がいっぱいになったら、もうそれ以上食べたいとは思わなくなるでしょう? それと同じ。その満腹になる時期は人によって違うから、「もう48歳なのに」などと気にせず、今は欲しいだけ買い尽くしなさいな。

ただ、「貯金しなきゃ」「老後が不安」と感じ始めているということは、過渡期にきているのは確かね。だったら、投資で増やすことを考えてみるのもいいかもしれませんよ。

実は私も今、月に一度、投資の勉強講座を受けているの。というのも、若いうちは元気だから、体でお金を作れるでしょう? でも歳をとってそれができなくなったら、今度はお金に働いてもらうのがいい。そう言われて、お金に働いてもらうための知識を貯めようと、いろいろとアドバイスを受けている最中なの。

そこで私が「なるほど」と感じた、投資の考え方を少し授けますね。

・その会社の社長の考え方に夢があるか
・その会社は女性をちゃんと活用しているか、障碍者などマイノリティの存在を見ているか
・社会に貢献しようとしているか


このような、女性の視点から見て「これはいい!」と感じられるところに投資しなさい、と教わったの。「男性視点とはまた違う、女性ならではの投資法があるんだ!」と、私も大変勉強になったことです。

もちろん、投資はリスクもつきものですよ。それは忘れないでね。

浪費できるって、考えようによっては決断力、行動力があるってこと。投資にも決断力と行動力が必要だから、しなぽんさんなら、意外と「投資の勉強って面白い!」となるかもしれないわよ。そうやって他に夢中になるものができたら、案外、物欲時代も自然と終わるかもしれない。そうしてこれからは、お札に働いてもらえばいいのよ!

いかがですか?
小林照子先生の回答、ぜひご参考になさってください。
小林先生の回答一覧を見る

PROFILE
  • 小林照子(こばやしてるこ)1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、青山ビューティ学院高等部・中等部、同・京都校の学園長も務めている。最新著書『80歳のケセラセラ。いくつになっても「転がる石」で』(講談社)が好評発売中。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『with』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る