ミーシャさんからの質問
Q.
40代半ば、ミモレ世代です。この頃、美容液よりもマスクが気になっています。普段のスキンケアも大切だとは思いますが、マスクがもたらす効果を教えてください。また、おすすめの商品があれば一緒に教えてください。
チームmi-mollet 松本千登世さんの回答
A.
いざというときのみならず、肌をぐっとランクアップさせたいときに

肌が思い通りにならないいざというときに救ってくれたり、調子がいいときに肌クオリティーをランクアップさせてくれたり……マスクはすこぶる進化を遂げ、今や欠かせないアイテムになりました。

私自身、ベーシックなスキンケアがもっとも大切と思いつつも、さまざまなシーンで頼りにしています。シートマスクの利点は、
①    シートには手のひらやコットンの比ではない、美容液成分がたっぷりと染み込ませてあること
②    文字通りシートでぴたりと覆うので、密閉効果があり、有効成分を余すところなくくまなくすみずみまで浸透させることができること

資生堂の「HAKU メラノシールド マスク」は、上下に分かれていて骨格の凹凸や肌の小さなキメにぴたりとフィットするすぐれもの。美白効果はもちろん、保湿効果やリフト効果も実感できるから、まわりにも気づかれるほど瞬時にぱっと明るくなります。マスクの前にお風呂に入る、スチームを当てる、温タオルで温めるなどして毛穴を開かせておくと、より効果が実感できると思います。

また、クレ・ド・ポー ボーテの「シナクティフ リチュエルソワンイユー」は、毎日のアイクリームと週一度のマスクでまわりに気づかれるほどの実感があります。どちらも高価だけれど、あのころの目元を思い出す効果には感動させられます!

2つの美白有効成分をぎゅっと詰め込んでピタッと密着。潤い&透明感へのアプローチも! HAKU メラノシールドマスク <医薬部外品> 30mL×1袋 (上用・下用各1枚入) ¥1500(税別・編集部調べ)/資生堂 問い合わせ先/資生堂 tel. 0120−30−4710

また、シートマスクというと時間のある夜にじっくりというイメージがありますが、私はあえて朝使用することも。日中失われがちなハリやツヤ、潤いや明るさを「仕込む」感覚で使うと、夕方の肌の落ち込みを軽減できる気がします。

注意したいのは、肌に乗せておく時間をきちんと守ること。「もっと効かせたいから」「もったいないから」とどうしても長く置きがちですが、するとせっかく肌に与えた成分が逆にまたシートに奪われるということが起こります。

一方で、ずぼらな私が気に入っているのは、夜、塗ったまま寝られるクリームタイプ。特に、ヘレナ ルビンスタインの「P.C. ラディアント イン マスク」は夜マスクとして塗ったまま寝られるのみならず、朝スキンケアの仕上げに使うと日中の肌がずっと生き生きしてる……頼りになる万能派です。

洗い流し不要の簡単美容マスク。肌が疲れていると感じたらたっぷりと! P.C. ラディアント イン マスク 75mL ¥12000(税別)/ヘレナ ルビンスタイン 問い合わせ先:ヘレナ ルビンスタイン tel. 03−6911−8287