前回のインタビューでは、自分らしいスタイルの見つけ方を語ってくださった「マディソンブルー」デザイナーの中山まりこさん。今回は、ミモレ読者から寄せられたファッションのリアルなお悩みにお答えいただきました!

中山まりこ/マディソンブルーデザイナー。1980年代よりスタイリストとして活動。1980年代後半、ニューヨーク在住時にアメリカの雑誌『Interview Magazine』等でスタイリスト活動・ 雑誌のコーディネーターの他、NOKKO全米デビューのディレクターとして活躍。1993年KiKi inc.所属。広告・雑誌・音楽のスタイリングをメインに活動。2014年、自身のブランド『MADISONBLUE』を立ち上げた。

 

Q. おしゃれなカジュアルスタイルって?
ただ今、二児の子育て中で毎日公園&自転車に乗るため、カジュアルで動きやすい服装ばかりです。気がつくとデニム、スニーカー、ボーダー、リュックばかり。キレイめにと思うけれど、ヒールの靴もはけないし…。もう少しおしゃれなカジュアルにするにはどうしたらいいでしょうか?

A. まずはボトムスから変えてみて!
私も30代はセントジェームスのネイビーと生成りのボーダーが大好きでよく着ていたけれど、40代になって「もう頼っちゃいけない」と思い手放しました。しかしボーダーがいちばん便利なのは知っています(笑)。(どのようなデニムをはかれているのか分からないのですが)ボーダーはそのままに、ハイウエストのバギーに変えてみてはいかがでしょうか。それにバレエシューズとか! そうすると見える風景が変わってくると思います。ボーダーに飽きたら、それをワークシャツに変えてもいいと思います。

 

Q. 大人でもミニスカートをはきたい!
まりこさんの著書のなかで、「大人のミニスカデニム」のお話がありました。私はもうすぐ50歳ですが、自分で「似合わない、もうダメだ」と思うまでは、ミニスカデニムをはきたいと思っています。普通の体系の大人女性で、ミニスカデニムを大人っぽく着こなすコツを教えてください。

A. 大切なのは品です!
例えばトップスのニットも靴もすべてベージュやモカトーンで合わせるなど、大人っぽい演出を入れてみてください。私の場合は、すぐにジャケットを着てしまうんですけど(笑)。足元はローファーで。ピンヒールやブーツは避けたほうがいいです。もしヒールを合わせたいなら、チャンキーヒールを。カジュアル感を強調するより、大人の香りを加えることが大切です。

中山さんが長年にわたり愛用しているカットオフデニムを再現したスカート。20代のころは、このスカートをはいて全力で自転車をこいでいたというから驚きです(笑)。それはさておき、カジュアルは着こなし方につく形容詞だという中山さん。だから、着こなし方次第でデニムスカートでドレスアップだって可能なのだそう。

 

Q. コートとシャツのバランスが上手くいかない!
マディソンブルーが大好きで、特にシャツのHAMPTONのバックサテンシャツを愛用しています。まだまだ寒い今の季節、重ね着をして着たいと思っているのですが、どうもコートとのバランスが取れません。上手な着こなし方を教えてください。

A. シャツではなく、羽織りとして取り入れるべし
コートの種類にもよりますが、なかにニットを入れて、シャツを羽織ってみてください。ニットとコートの間にちらっとシャツの色をアクセントできかすようなイメージです。私だったら、なかのニットはハイゲージのタートルネックを選びますね。そこに少し長めのネックレスをして、タイトスカートを合わせても素敵だと思いますよ!

2017年春夏新作のなかから中山さんが選んでくださった、おすすめのタイトスカートがこちら! 肉感を拾わない厚みのある麻混生地とピタッとしすぎない絶妙なシルエットが特徴。裾の切りっぱなしも今のムード。

 

次回は、2月16日(木)公開予定です。お楽しみに!

撮影/目黒智子 取材・文/榎本洋子 構成/川良咲子(編集部)