こんにちは、ミモレの川端です。
春ドラマがいよいよスタート。今季、私の期待度No.1は、湊かなえさん原作の『リバース』です。(TBS系金曜夜10時〜)

単行本の時のコーヒー豆が表紙になったデザインも好きだったけど、文庫の方の表紙はモネ。こちらも美しい装丁ですね。装丁にも大事な意味が……(きゃー!言っちゃった!シー)

『深瀬和久は人殺しだ』

そんな告発文から始まります。結婚を考えていた恋人の元の届いた手紙に動揺する主人公・深瀬和久。心当たりがあるのかないのか……。

第2章、場面は大学時代の同級生たちと高原へ遊びに行く日の話に飛びます。会話の節々に主人公の深瀬くんは気弱で、おとなしいタイプの性格だということがわかってきます。

高原へ向かう5人の大学生男子たちが、はしゃげばはしゃぐほど、この後誰かが死ぬんだよね、という悲劇を引き立てて、この辺り、湊かなえさんの真骨頂というか、緊張感を保ってうまく引っ張るなぁと思います。

女同士の嫌な部分を描く名手である湊かなえさんですが、文庫のあとがきにもある通り、今回は男を主人公にして、男同士のマウンティングを描いているところが新鮮!

ドラマでは、主人公・深瀬和久は藤原竜也さん、恋人役は戸田恵梨香さんが演じるそうで、藤原竜也くんあまり気弱そうじゃないな〜、戸田恵梨香さんならもっと問い詰めそうだよね(笑)などと思いますが、そのギャップも含めてどうなるか楽しみです。

昨日は、諸用あってまた母校・立教大学へ。桜の木がきれいでした。第一食堂へ続くこのメイン通り、私も大学時代・深瀬タイプでいつも下向きがちに歩いていたからか、こんな立派な桜の木があったとは!気づきませんでした。

ドラマ『リバース』は、同じく湊かなえさん原作のドラマ『夜行観覧車』『Nのために』のスタッフが結集しているそうで、原作の時系列が行ったり来たりする構成をどう1話、1話にミックスされるのか楽しみです!!

読んでから観るか、観てから読むか、観ながら読むか……。

そのほかの春ドラマ『母になる』『人は見た目が100%』『あなたのことはそれほど』も注目しています。皆さんの期待ドラマは何ですか??
ではではまた〜。