2017.12.8

『ひとり上手』、防寒上手 by大森葉子

ひとり上手とよばないで
心だけ連れてゆかないで

と、中島みゆきさんは悲恋を歌いますが、そちらの方面ではいたって暢気な日々を過ごしている私におきましては、「ひとり上手」という言葉が持つ寂しさより、インディペンデントな女性がもつ強さが輝いて見え、「私、ひとり上手なんですよ」と胸を張って言いたいタイプであったりします。

というわけで、代休をいただき、ひとり新幹線に飛び乗り、軽井沢 星野エリアに日帰りで。ちなみに、この日の軽井沢の気温は上は6度。下はマイナス3度でした。

今回は、防寒コーデのお話。

デニム地のオールインワンの下には薄手のカシミアのニットとウールのタイツ。そして足元はダウン素材のスノーブーツ。そちらに中綿入りのモッズコートを羽織って。ちなみにこの日、オールインワンを選んだのは、スケートをやろうと決めていたからです(笑)。※ケラ池スケートリンク前にて撮影。
アウターを脱いで。ちなみに、これらの写真は現地のスタッフの方に撮影していただきました。仕事とわりきることで、「私の全身が入るように撮ってください」とお願いすることもてらいなくできるようになりました笑。※ホテル ブレストンコートに隣接する軽井沢高原教会のクリスマスツリー前にて撮影。

先日ご紹介した戦利品のスノーブーツが本当に暖かい。やはり防寒の基本は足元。「足先、足首が冷えない装いなら、なんとかなる!」と改めて再確認した次第です。

ブーツ(ダウン入り)とリュック(中綿入り)の色と質感を揃えてみました。ちなみに、旅バッグは基本的にリュックを選ぶことが多いです。
集中力が増すので読書するために旅に出ると言ってもいいくらい。この日はナイキの創業者フィル・ナイトの『靴にすべてを。』をリュックに詰め込んで。

朝8時すぎに家を出て、東京駅から新幹線で約1時間。喧噪の夏を過ぎ、紅葉も終わった今の時期の軽井沢には穏やかで静寂な時間が流れています。(年末年始前に人出は一旦多くなるとのことですが)これから春までの落ち着いた軽井沢の澄んだ空気を個人的には気に入っています。

温泉につかり、美味しいものに舌鼓し、合間に木々の間を散歩し、珈琲をいただきつつ、そして新幹線の行き帰りもたっぷりと読書して……1泊できたらもっとゆっくりできるのでしょうが、日帰りでもかなり大満足!  

私を置いてゆかないで
ひとりが好きなわけじゃないのよ

時にはそんな台詞を誰かに言ってみたいのだけれど(笑)。

もちろん誰かと一緒に旅することも好きなのですが、今年はあまりにもひとり旅する時間がとれなかったので、「もっとひとり旅する!」を、少し早いですが来年の抱負とさせていただきます。

この日大森が体験したのは?
「おひとり日帰り湯治プラン」in
軽井沢 星野エリア

 

今回は来年1月〜3月に期間限定で実施されるプランを一足お先に体験させていただきました。東京から新幹線で約1時間の軽井沢。そこからタクシーで10分くらいの距離に星野エリアはあるので、1日だけの非日常を効率的に過ごしたい人にかなりオススメでお得なプランです。 

プラン限定の特製ピザを特別な席で

カマンベールと半熟卵&ソーセージ、ジェノベーゼ、トマトソースの3種類の味を1枚で味わえる特製のピザを(ハルニレテラス内 イル・ソーニョにて)。
ゆっくり過ごせる暖炉があるスペースの席を確保していただけます。食後にスウィーツプレート&珈琲もセット。

源泉かけ流しの「美肌の湯」&タイ古式マッサージ

年間通して利用者が多い星野温泉トンボの湯。木々迫る開放感ある露天風呂は、年に数回訪れてしまう大森のお気に入り温泉のひとつ♡ 
温泉でしっかりカラダを芯から温めたら、ハルニレテラス内の常世(とこよ)にてストレッチを組み入れた60分間のタイ古式マッサージを。

「おひとり日帰り湯治プラン」
期間:2018年1月27日〜3月31日 
料金:11000円(税込/ランチ、温泉入浴料&タオルレンタル、タイ古式マッサージ60分)
予約方法:tel. 0267-45-5853
メール:info-hoshinoarea@hoshinoresort.com
※前日18時までに要予約 

この他、ハルニレテラスでお買い物を楽しんだり、カフェで読書をしたり、ケラ池スケートリンクでスケートをすることも可能です。最終の東京行きの新幹線に乗り遅れないよう注意しながら、ぜひ、皆様も1日めいいっぱい「ひとり上手」してみてください♪ ここだけの話ですが(!?)、このプランは2名様以上のグループにも対応してくれるそうです。


CREDIT:
コート/green この日と同じ
オールインワン/ガリャルダガランテ この日と同じ
ニット/ビームスで購入
リュック/J.W.アンダーソン×ユニクロ この日と同じ
靴/ホワイトマウンテニアリング この日と同じ

大森葉子

主にビューティ担当。「今日は夏休み?」と聞かれてしまうほどの“ど”カジュアルと「今日は何かあるの?」と聞かれてしまうほどのデザイン性のある服が好き。ほぼ“一目惚れ”買い派。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る

許諾番号: 9005756027Y37020