2018.6.3

手のエイジングケア、どうしてますか?

職業柄、肌や髪のことばかりに目が行きがちで、時々、ハッとさせられることがあるんです。
それが手のお手入れ。

というのも、2ヵ月ほど前に引っ越しをしたのですが、断捨離作業から始まり、ダンボールの梱包(今は業者に頼む人が多いとか……でも、他人に任せらない性分なのでせっせと梱包しました)、家具の移動など、知らず知らずに手を酷使していたら……ものすごく手が荒れてしまったんです。

2枚爪を見つけたときは「仕方ない」程度に思っていたのですが、荷物の角にぶつけ、バキッと爪を折ってしまいました。思った以上に奥まで折れていて、あり得ないほどの深爪に。

手袋をすればよかったと後悔しても、すべて自分の責任です。ささくれもひどく、指先の腹は乾燥でカサカサ、手の甲まで荒れてしまいました。「手は他人に見られているのでお手入れは入念に〜〜」なんて言っている自分の手が見るも無残な姿になると、かなり凹みますね。

 

手のお手入れをしたい、と痛切に想ったものの、どこへ行ったらいいのかがわからない。「どうしたものか」と悩んでいたところ、ライター仲間から「ハンドケア専門のサロンがあるよ」という情報をキャッチしました。

 

横浜駅にほど近い手の専門ケアサロン「Ongrace(オングレース)」。もちろん、ネイルもしてくれるのですが、注目したのは若々しい印象に保つ「手のエイジングケア」(¥3600・税別)。時に顔や髪以上に「手の老け」が気になるときの駆け込み寺とでもいいましょうか、まさに今の私の気持を汲んでくれたかのような手のトータルケアサロン。早速、受けてきました。

 

 

メニューの内容は、ピーリング、スタイリング、モイスチャライジングの3ステップをメインにしたハンドケア。
「くすみや乾燥などの手荒れの原因は、古い角質が溜まっているから。角質ケアをおこなうだけで肌色が明るくなることもあります」と教えてくれたのは、担当してくださった植木さん。自分の手を丁寧に扱ってくれるなんて〜、嬉しいような恥ずかしいような。

 

そういえば、顔や足のスクラブはしたことがあっても手のスクラブケアはしたことがなかったなぁぁ。「手は年齢が出やすくて、お顔よりも10年早く老化すると言われているんですよ。最近では手のエイジングを気にされる女性が多く、来店される方も増えています」と植木さん。

 
そういえば、顔や足のスクラブはしたことがあっても手のスクラブケアはしたことがなかっ

 

 

Q 理想的な手のケアってどれくらいの頻度でおこなえばいいのでしょうか?
A できれば3〜4週間に1度のペースがよろしいかと思います」

 

 

ピーリングをした後はスタイリングという関節ほぐしとなるマッサージのようなトリートメントをおこないます。「年齢を重ねると、関節が太く、目立つようになったと悩まれる方が多く、そのトリートメントが生まれました」。

 
 

 

 

 

何とぉぉ〜。確かに毎日の生活の中で知らず知らずに酷使しているわけですから、たまには労ってあげないとですね。1本1本関節を脇から支えるように指圧してもらうと気持ち良いんです。

Q 関節が悪目立ちするのはナゼ?
A 「もちろん個人差はあるのですが、年齢を重ねると関節まわりのシワが目立つようになるんです。それは肌のハリ感が無くなってきているから。適度なマッサージと保湿ケアをすることで関節のシワを目立たなくさせることは可能です」。

その後は保湿ケアへ。エレクトロポレーション・EMSを使って美容成分を奥まで届けます。「スクラブも美容液も保湿も……お顔のお手入れと変わらないんです。皆さん、お顔のお手入れはされますが、手のお手入れはなかなかしないんですよね。これからは手のお手入れも一緒におこなってください」と植木さんからアドバイス。本当にごもっともです。

 

最後は手のひらのマッサージと爪、甘皮のお手入れもしていただきました。「意外かもしれませんが、手のひらも凝るんです。ですから、お風呂に入っているときやテレビを見ているときなどに指圧してあげてください」。“ながら美容”はお顔だけでなく、手もやるべきなんですね!

 

Q 爪や甘皮のケア法を教えてください
A 「これからの季節でも乾燥対策はしっかりとおこないましょう。こまめに手を拭く、家事のときはゴム手袋を使うのも手です。ハンドクリームやネイルオイルをこまめに使うのも予防のひとつです」。

「面倒くさい」「ま、いっか」から学んだ今回の手のお手入れ。勉強になりました!
今回私が受けたメニューは「手のエイジングケア+爪のお手入れ」(¥6,500・税別)。横浜タカシマヤ店のほかにうめだ阪急にもあるそうです。
気になる方は、是非、お試しを!