フランスの子供たちが大好きなお菓子。
日本では馴染みがないかも?
簡単に言うと、
クリームが入ってないシュー生地に
あられ糖がのっているお菓子。

説明は長いですが、
①シュー生地を作る
②しぼる
③焼く

3ステップです。

まずはイメージ。

 

○材料
・牛乳 100g
・グラニュー糖 3g
・有塩バター 40g (5ミリ角ぐらい)
・卵 100g (約2個 常温に戻し、ときほぐしておく)
・薄力粉 60g (ふるっておく)
・ワッフルシュガー(あられ糖) 適量

 


○作り方
①中鍋に牛乳・砂糖・バターを入れ、
 中火にして火にかける。

 

沸騰したら火から外し、
 薄力粉を一気に①に入れたら、
 小ホイッパーで急いで混ぜる。
 (ここでは、粉に水分を吸わせるだけ。)

 

③すぐ木べらに持ちかえて混ぜる。
 (マッシュポテトみたいな状態になるまで)

 

④弱火にしてから、鍋を火にかける。
 10秒ぐらい木べらでかき混ぜる。
 (鍋底がガサガサと乾いた状態になったら
 火からおろす。)

⑤火からおろしたら、
 生地を鍋の側面に押しつけ、手早く!
 木べらを楕円に動かしながら混ぜる
 (生地がまとまって、鍋からはがれる状態になったらOK)

 

⑥ほぐした卵液を計8回くらいに
 分けて入れ、木べらで混ぜる。
 (卵液を入れると、最初は分離したようになるけれど、必ず馴染んでくるので大丈夫。)

1回目
1/8の卵液を入れて混ぜる。
卵液が見えなくなったら

2回目
これも1回目と同様、
卵液が見えなくなったら
次を投入。

3~8回目
卵液が少し残っている状態
次の卵液を入れて混ぜる…
を繰り返す。

生地OKの目安は、
木べらで生地を
たっぷりすくい持ち上げ垂らした時、
逆三角形の形で伸びている状態。
ブチッと切れてしまう時は、
まだ卵が足りない状態。

 

☆卵液は必ず残ります。
焼く前に、残りの卵液を生地に
塗るのでとっておきます。

⑦ゴムべらで鍋の内側をきれいにし、
 丸の口金(10㎜)をしぼり袋にセット。
 生地をしぼり袋に入れていく。

 天板の四隅に少しだけ生地を
 チョンとしぼり、
 クッキングシートを敷いて固定する。
 (生地は接着のかわり)

 

⑧3㎝大の丸になるよう、
 しぼり袋を垂直に構えて、
 一定の力で押し出す。
 しぼりの最後は口金の先で切る感じ。
 (熱の通り道を必ずつくるように、互い違いにしぼる。)

 上手くいかなかった時は、
 カードですくって、またしぼり袋に。
 練習 練習(笑)

⑨しぼった生地の上に⑥で残った卵液をハケで塗っていく。
 (でこぼこしたのを平らにする感じ。)

⑩生地の上に、
 たっぷりあられ糖をふりかける。

 

⑪170度に予熱しておいた
 オーブンで約30分焼く。
 生地を入れた後15分間は、
 途中でオーブンを開けないこと

 15分を過ぎた後、
 オーブンの扉を一度(2秒くらい)開けて、
 オーブン内の水分を逃す。

 焼き上がったら網に移して
 できあがり!

 

 焼きたて~少し温かいぐらいが
 一番おいしい。

 

読書のお供にいかがですか?

 

次回は、シュー生地を使った
【バレンタインレシピ】
お楽しみに。

インスタグラム SOUPRUI