From editors 「編集部からこんにちは」

2016.11.17

【動画】大草編集長直伝!“大判ストールの巻き方”いろいろ【保存版】

こんにちは、編集・川端です。ご好評いただいているレクチャー動画。日に日に寒さが厳しくなる今日この頃、皆様からご質問やリクエストの多い“ストールの巻き方”を、昨年~最近公開されたものまで一挙まとめてご紹介いたします!! 大草式は一度覚えれば何度でも再現可能(笑)。ストールのボリュームや柄に合わせていろいろな巻き方を楽しんでくださいね。

オシャレにキマってくずれない!「ねじり巻き」

キュッと首まわりにコンパクトにまとまって暖かく、そして一度まいたらほどけてこない「ねじり巻き」。ポイントは「ポンポン」「クルクル」です!

 

ピンで留めなくても着崩れない肩掛け「ザックリ巻き」

コートやジャケットの上から肩に掛ける巻き方。防寒力は高いけど、動くたびにハラりと落ちてきてしまう……そんなストレスから解放されます!

 

大判ストールをコート代わりに「もっとザックリ巻き」

上記よりさらに大判のストールをコートのように羽織る方法です。ポイントは最初の「ポンポン」。あっという間に出来ちゃいます!

 

知的にキマってスタイルアップ効果も「ミラノ巻き」

コートやジャケットの衿元にストールの端をインする巻き方です。保温性ももちろん、全身のバランスもアップ!

 

大判ストールを持て余す(汗)「小柄さんにオススメの巻き方」

ストールを巻くとゴロゴロする、大きさを持て余してしまう……そんな小柄さんのお悩みに大草編集長がオススメの巻き方をレクチャー。バタやん、ダメだしされてます。

 

無造作に見えてほどけない上級者テク「マフラー巻き」

マフラーのようにコンパクトに巻く方法。左右のボリュームが変わるので、無造作なフォルムながらほどけにくい、ファッション上級者見えするテクニックです。

 

いかがでしたか?
もっとこんなアイテム、テクニックも見たい、知りたいというリクエストございましたら、コメント欄へお書きください。試してみました!というレポも嬉しいです。
それではみなさん、ご一緒に“簡単だよ”!