パリから帰国後、すぐに出版本の撮影などでバタバタし、、やっとミモレに投稿です。

今回のパリ滞在は、パリサロン開催や会社訪問など、イベントや仕事があれこれとあったのですが、その中で、最大の楽しみの一つだったのが、オープンしたての「フォション ロテル パリ」滞在。

 
 
 

今回は、とても印象的だった「フォション ロテル パリ」についてご報告します!

今年2018年9月1日、パリ発・フランス高級グルメ食料品老舗御用達ブランドとして知られるフォション(FAUCHON)による初のホテル、
フォション ロテル パリ(FAUCHON L’Hôtel Paris)が、マドレーヌ広場にオープン。ここは、1886年にフォションが 誕生した地でもあり、食料品店は今まで通り歩いてすぐのところにあります。

ちょうど今回のパリ滞在と時期が重なったため、オープンしたばかりのフォション ロテル パリに1泊することに!!

まず、ロビーに到着した途端に、笑顔満点で出迎えてくれたホテルスタッフの方々、、あまりに感じが良く素敵な方々ばかりだったので記念撮影。ロビーのソファで美味しいマカロンもいただきました。

 

フォション ロテル パリのデザインは、ラグジュアリーホテルのデザインでは第一人者の建築家リシャール・マルティネ(Richard Martinet)とアトリエ・パリュエル・マルモン(Atelier Paluel Marmont)が担当とのことで、、、

とにかく、モダンでインパクトある内装に目を奪われます。

テーマカラーは、フョションカラーでもある、白、黒、赤、そしてフューシャピンク。スタッフの制服も、カーペットも、フォションカラーでした。

 
 
 

オスマニアン様式の歴史的建物にコンテンポラリースタイルのデザインを取り入れたインテリアが、フォションのこだわりとのこと。私が滞在したお部屋、、こんな感じです!

 
 

 

 

 

大きく開くフレンチスタイルの両開き窓、、いいですよね!クラシカルな部分と、インルームタブレットなど最新テクノロジー機器が完備されている部分のバランスが絶妙。お部屋の窓からマドレーヌ寺院が臨めるすごい立地も特徴の一つです。

 

また、紙好きの私を待ってくれていたのは、期待以上におしゃれなデザインのレターセットと、マネージャーからの手書きのメッセージ。また、ディナー後に置かれていたベッドメイキング係のキスマークスタンプのメッセージカードも、なんとも心憎い演出!!

 

ホテルの客室数はスイート11室を含む全54室とのこと。アメニティはカリタ(Carita)でした。

到着後、体を休めたく、ホテル内のカリタ スパ(Carita Spa)へ。ボディーケアを受けたのですが、、日本のエステティシャンの細やかな施術に慣れている身として、フランスのスパは、正直それほど期待していなかった、、、ところが、、このカリタスパのスタッフ、、びっくりするほど上手いのです。

 

カリタの上質なクリームと極上のゴッドハンドで、たまった疲労は全て取り除かれ、至福の時間を過ごすことができました。

そのあとは、アフタヌーンティーと続くのですが、、ちょっと長くなりましたので「フォション ロテル パリ」のグルメについては、パート2でお届けしますね。

高級食料品店のプライドを感じる、それはもう綺麗で美味しいお皿のオンパレードでした!!次回に続きます!!

 

https://www.facebook.com/fauchonhotelparis/

https://www.instagram.com/fauchon_lhotel_paris/