title
6

「ほっこり見え」注意報! この冬のNGアイテム6

“ほっこり”問題と真摯に向き合うスタイリスト川上さやかさんが発見した、ほっこりの解釈とは? また、ほっこり見えを防ぐために、避けたほうがいいものとは? 写真付きで川上さんに教えていただきます。どれもつい着がちなアイテム…。気をつけたいものです!

抜け感がない、今っぽくない=ほっこり感につながります!

「去年の秋からミモレの企画で“ほっこり”問題と真剣に向き合い始めたことで、これまでは感覚的なものだった“ほっこり”が何か、わかってきたように思います。私なりに見出したのは、“ほっこり”=色合いがぼんやりしている、身につけている装いが重く見える、キレがなくていい人そうに見える、そして今っぽくない、ということ。今回はそんなふうにほっこりと見えてしまうと感じているNGアイテムを紹介したいと思います」

ほっこりアイテム①
ジャストサイズのリブニット

 

「今は程よくゆとりのあるサイジングが主流。ジャストサイズのニットは古く見えてしまいます。ゆとりのあるサイズ感に慣れてしまっているので、ピタピタ感が気恥ずかしいですね。加えて、リブ織りというのがぼんやりとした印象を加速させます。同じような縞でも、ボーダーやストライプなら色でメリハリがついているので問題ないのですが、リブは凹凸によるものなので、メリハリが感じられません。ハイゲージなどのフラットに編まれたニットと比べると、ほっこり見えてしまいます」

ほっこりアイテム②
クルーネックのカーディガン

 

「クルーネックのカーディガンは、前ボタンを留めて、ニット代わりに着るのがNGです。カーディガンは今なら、肩掛けなどはおりものとして使うのが正解です。ちなみに、Vネックのカーディガンの前ボタンを留めて、ジャケットのインナーとして着るのは今でもOKです」

ほっこりアイテム③
ひざ上丈のコート

 

「明るい色のひざ上丈のコートは、子どもっぽく見えてしまうのが、今どきに見えない理由です。コートの丈がひざ上かひざ下か、ただそれだけでも大きな違いがあります」

ほっこりアイテム④
チェック柄のコート

 

「チェック柄といっても、グレーなどのシックな色をメインに使っているので、コーディネートに使いやすいかなと思って買ったのですが…。改めて着てみると、大きめの格子のチェック柄が体じゅうを覆ってしまうコートは、抜け感がなく、あか抜けて見えませんでした。ジャケットやストールならチェック柄でもいいと思うのですが、大きい面積でチェック柄を取り入れるのはやめようと誓いました」

ほっこりアイテム⑤
コーデュロイ素材のパンツ

 

「この冬、コーデュロイ素材がとてもはやっていますよね。ですが、冬にパンツでこの素材を取り入れるのはNGだと感じています。夏の時期、Tシャツにあえてこのパンツをはいていたときはまったく気にならなかったのですが、冬の着こなしにこのパンツを合わせたときは、とてもほっこり見えてしまいました。なぜなら、冬は洋服全体の素材が重くなりますよね。トップスはニット、そしてコートもまといます。そこにウォーミー感のあるコーデュロイ素材のパンツを合わせてしまうと、抜け感がまったくなくなってしまうんです。なので、今では細畝の軽やかなコーデュロイ素材のパンツを春夏限定で楽しんでいます。コーデュロイのスカート(長め丈のタイトスカート限定ですが)は、足首が出る分すっきり見えるので、冬もOKですよ」

ほっこりアイテム⑥
アーモンドトウのウェッジソール靴

 

「抜け感がなくて重く今っぽくないから、ほっこり見えるのがこの靴。キレ味のない丸っこいトウ、スエード素材&ウェッジソール。とにかく重い足元になってしまいます。ウェッジソールの靴を履くなら、抜け感のあるサンダルならいいと思いますよ」

PROFILE 川上 さやかさん

スタイリスト。大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。身長154㎝。instagram:@sk_120

撮影/目黒智子
スタイリスト/川上さやか
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)
構成/高橋香奈子

 

第1回「ほっこり&太って見えそうなボアコートに物申す。その正解は?」はこちら>>
第2回「ニット×シャツは古い! “脱ほっこり”な今どきレイヤードって?」はこちら>>
第3回「ニットのおばさん見え解消のカギは、サイズ選びとボトム合わせ」はこちら>>
第4回「すっきり&ほっそり見えには“縁どり配色”が効く」はこちら>>
第5回「変えるのはバッグだけ! いつもの冬コーデが今っぽく、すっきり見違える!」はこちら>>

特集「スタイリスト川上さやかさんが徹底レクチャー 大人の女性は、“脱ほっこり”であか抜ける!」はこちら>>