title
4

春はパリジェンヌ&パリマダムの「ボーダー」スタイルをマスター!

 

春になるとボーダーが着たくなりますね。でもその着こなしはワンパターンになりがちです。

パリの街を歩くと、ボーダーの上にジャケットやコートに着たり、ニットからチラッと見せたり、一口にボーダーと言ってもさまざまな着こなしがあることが分かります。

ピッチも太いものから細いものまで、あるいは色も定番の白×ブルーだけでなく黒やグレー、赤…。ボーダーの種類も豊富です。パリの女性はそんななかから自分に似合う1枚のボーダーを選び、色々な着こなし方を楽しんでいます。

フランスに留学した経験もあり、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』という著書があるくらいパリのおしゃれスタイルに詳しいスタイリストの福田麻琴さんに、パリジェンヌとパリマダムがそれぞれどんなボーダーを好み、どう着こなしているのかを聞きました。

パリジェンヌとパリマダム、この2パターンの着こなしをマスターすれば、ボーダーのおしゃれをきっとランクアップできるはずです。

フランス人にとって代表アイテムでもある
ボーダーはファッションに不可欠。
彼女たちの栗色のヘアにも
よく似合っています。
着まわしの達人アイテムだから、
着こなしをマスターすればさまざまな表情が楽しめます」ー福田麻琴


 from Pinterest 
パリジェンヌ&パリマダムのボーダースタイルをお見せします

まずパリジェンヌとパリマダムのボーダースタイルの違いを見ていきましょう。

 パリジェンヌ 

pin1

pin2

・白のボトムス等と合わせて爽やかに着こなします
・ボーダートップスは、ドロップショルダーのゆるっとしたシルエットのものを選びます

 

 パリマダム 

 

pin3

pin4

・スカートに合わせて女らしくエレガントに着こなします
・ボーダーアイテムは定番的なデザインでジャストサイズのものを選びます


福田麻琴さん流、パリジェンヌ風&パリマダム風のボーダーの着こなし術をご紹介します


今回はパリジェンヌ、パリマダムともに、同じ白×青のボーダーを着こなし、その違いを解説します。

パリジェンヌ風のスポーティさを前面に出しカジュアル、パリマダム風のコンサバティブで少しフェミニンなスタイリング。どちらも私たちの好みや気分で簡単に取り入れられそうな装いです!


 パリジェンヌ 
抜け感のあるゆるっとしたボーダーを選んでカジュアルに

トップス/ルミノア パンツ/プラージュ シューズ/ジルサンダー 

体を包むゆるっとしたシルエットが魅力のボーダートップスは、肩の落ち感にリラックスした雰囲気がたっぷりと漂います。ブルーデニムではなく、ホワイトデニムを合わせることで、カジュアルだけど洗練された雰囲気を演出できます。

 

大きめなシルエットは、気になる部分もさり気なく隠してくれるアイテムでもありますね。

 

足もとは白スニーカー。爽やかさがさらに倍増します。足首をチラリと見せることでほど良い抜け感を作ることがポイントです。


進化し続けるブランド「ルミノア」がおすすめ

左から¥11000、¥11000、12000/ルミノア(ゲストリスト)

パリジェンヌのボーダースタイルを作るのにおすすめなブランドはルミノア。背中の開きが広いタイプ、デコルテを美しく見せる広めの開きのタイプ、腕まわりのゆったりしたタイプなどさまざまなデザインが豊富なので、自分にしっくりくるずっと使いたくなる1枚が見つかるはず。


 パリマダム 
定番のボーダーをレディライクに着こなします

トップス/セントジェームス スカート/イレーヴ スカーフ/エルメス シューズ/メゾン マルジェラ

ボーダーは、体のラインに合ったクラシカルな定番アイテムを選びます。合わせるのはスカート。ジャストウエスト〜ハイウエストのスカートに、ボーダートップスをきちんと入れて、女らしくスタイリングします。

 

ボーダートップスの裾を入れてもごわつかない、大き過ぎないサイズのものを選びます。

 

足もとは、スニーカーではなくフェミニンなオフホワイトのバレエシューズを選びます。
 

1枚は持っていたい不変のベーシック「セントジェームス」

左から¥8500、¥10800、¥8500/セントジェームス(セントジェームス代官山店)

パリマダム風のボーダースタイルにおすすめなブランドは、永遠の名品と言える「セントジェームス」のベーシックなボーダー。ピッチが太すぎると着こなしにくいので避けて。細めのピッチのものならマルチにボトムスを選べます。
 

PROFILE 福田麻琴さん

女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161㎝。Instagram:@makoto087

撮影/目黒智子
モデル・スタイリング/福田麻琴
ヘア&メイク/TOMIE(nude.)
文・構成/金沢由紀子、川良咲子(編集部)

・第1回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「黒」の着こなし」はこちら>>
・第2回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「巻き物」使い」はこちら>>
・第3回「パリジェンヌ&パリマダムのトレンチコートの着こなし術」はこちら>>