title
26

むなしい性交が5割…データでみる40、50代の性のリアル【夫婦間レス4つの事情】

性生活について語り合うことは、親しい友人とでもほとんどないはず。「とっくに卒業した」「もう役に立たないし」などと、冗談めかして笑っていても、心の中では「他のカップルと比べて自分はどうなのだろう?」と気になるのが本音ではないでしょうか?
そこで、荒木乳根子先生(田園調布学園大学名誉教授・日本性科学会セクシュアリティ研究会代表)とデータを見ながら、中高年夫婦の性の実態を探っていきます。

 

※日本性科学会セクシュアリティ研究会2000年調査  関東在住40~79歳迄。有効回答1020人(有配偶者……男性419人・女性601人) 2012年調査 関東在住40~79歳迄。有効回答1162人(有配偶者……男性404人・女性459人 合計863人。単身者……男性92人、女性207人 合計299人)
※調査データは四捨五入して正数%に表したため100%になるとは限りません。


1.50代で半数以上がセックスなし。2-3割は70代まで継続

 

セックスレス夫婦はここ10年余りで約2倍に増加。夫婦間のセックス平均時間は3割が10分以下という調査結果を以前紹介しました。実際の頻度を見てみると、年代を追うごとに「まったくない」が増え、50代には半数以上になっています。
性交停止年齢は、年代ごとで異なるものの、全体平均で男性52.9歳、女性50.6歳。やはり50代がターニングポイント。
配偶者との性交がなくなった理由への回答は、女性は「自分の関心の喪失(40%)」、男性は「相手の関心の喪失(44%)」。妻側の「ノー」が夫婦の性交停止の最大の理由でした。2位以下は性機能低下、性交痛と続きますが、70代以上の約3割は性を謳歌していて、健康であれば性交は持続可能ということがわかります。体より心の問題がセックスレスには深く関わっていたのです。

「紹介したデータは、挿入を伴う性交の頻度です。ただし、行為の内容・質にもよりますので一概に性交の回数が多ければ多いほど幸せ、なのかは疑問です。
周りの人はとっくに性生活はないのに、自分の夫が頻繁に求めてくるのは異常なのかと相談を受けることもあります。性欲には個人差が大きいので、ひとくくりにはできない問題です。年齢が高くなれば挿入にこだわらず、触れ合いや愛撫など愛情を感じられるセクシュアルな表現が、夫婦関係には大切になってくると思います」(荒木先生)



2.女性がセックスに求めるのは欲望より愛情

性に対する考え方は、年代にかかわらず女性7割強、男性9割強が「コミュニケーションである」「快楽である」「楽しいもの」と認識していました。これは10年前と変わっていません。性に対してはおおむね肯定的で、性を不潔でけがらわしいという人は男女共に5%以下でした。

「女性は『セックスがコミュニケーション』という建前はほぼ9割ですが、『セックスは快楽』という本音になると7割前後に減少します。男性はコミュニケーションも快楽も共に9割以上。妻にとってセックスが快楽になりきれていないのです。精神的に満たされたいのに、夫側は肉体的な快楽へのこだわりが強い。このギャップが妻たちのセックスへの関心を奪っているのでしょう」(荒木先生)

セックスに愛情を求める妻と、自分の欲望を満たすだけの夫。愛されたいのに、セックスで愛情を感じられない「ねじれ」がセックスレスの加速に拍車をかけていたのです。

  • 1
  • 2