40代で「発達障害(アスペルガー症候群、ADHD)」という診断を受けた、漫画家・作家のさかもと未明さん。治療しながら、その特性を知り、どうやって「生きづらさ」と向き合うか、自分なりに見つけることができたといいます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

星野医師のアドバイスを受けて、自分のどんな傾向が問題を引き起こすのか理解できたというさかもとさんは、それらをひとつひとつ解決していきます。

▼横にスワイプしてください▼

「発達障害は実際生きにくいです。でも周りの理解とサポートがあれば、十分幸せになれるし、自分をコントロールして周りの人とうまくやれます。まずは病気を正しく知ることで、人生も治療もきっとうまくいきます」
これがさかもとさんの辿り着いたメッセージです。

さかもと未明さんが発達障害と診断されるまでのお話はこちら>>
「40代で発達障害と診断。治療の過程で知った「生きづらさ」の正体」はこちら>>
「あの事件の発端は…発達障害患者を悩ませる治療の難しさ」はこちら>>


さかもと 未明(さかもと・みめい)
漫画家、作家。1965年神奈川県に生まれる。玉川大学英文科卒業後、商社勤務を経て漫画家に。その後、評論活動やテレビ出演も多くコメンテーターとしても活躍、歌手デビューも果たす。 2007年に膠原病と診断され、発達障害だったことも明らかに。著書に『神様は、いじわる』(文春新書)、『どん底力! 失意の底から這い上がるための29の方法。』(マガジンハウス)、『女子のお値段』(小学館)、『まさか発達障害だったなんて 「困った人」と呼ばれ続けて』(PHP新書、星野仁彦氏との共著)、『マンガローマ帝国の歴史』(講談社)など。

 

『奥さまは発達障害』
著者 さかもと未明 監修:星野仁彦 1300円(税別) 講談社


本書は、膠原病という難病を抱え、発達障害の人が直面する様々な困難と向き合う著者の「日常」を綴ったコミックエッセイです。
40代になって発達障害(アスペルガー症候群、ADHD)を宣告された、さかもと未明氏と宣告をした発達障害臨床の第一人者、星野仁彦先生が、「発達障害の真実」に迫ります。
発達障害と診断されるまで。診断されてから薬物療法や心理療法と取り組みながら、日常をどう過ごしていくのか――世間を騒がせた、「不倫裁判」や「JAL事件」についても赤裸々に描きます。
「空気が読めない人」「困った人」「非コミュ」……そんな社会問題の背景として、近年、ごく身近な問題となった「大人の発達障害」について、著者の体験を通じて理解を深める一冊です。

『奥さまは発達障害』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。
講談社くらしの本はこちら>>

マンガ/さかもと未明

出典元:https://kurashinohon.jp/1094.html