5

紀子さまのご公務ファッション、お好みの婦人服ブランドは?【秋篠宮家のプリンセス教育】

秋篠宮家の二人のプリンセス、眞子さまと佳子さま。ブータンやブラジルなど海外へのご訪問に取り組まれる眞子さま、2019年に国際基督教大学をご卒業されてご公務に取り組まれる佳子さま。お二人の美しく堂々とした立ち居振る舞いに、これまで受けてこられた教育の秘訣を知りたいと思われる方も少なくないのではないでしょうか。

ご家族で記念撮影を。写真/宮内庁提供

眞子さまと佳子さまは、筆頭宮家の内親王としてお生まれになりました。けれども、ただ生まれただけでは真のプリンセスにはなれません。きちんとした「しつけ」と「よいお手本」があってこそ、真のプリンセスは育つのです。
私は眞子さまや佳子さまのお振舞いやご発言を拝見するとき、その向こうに美智子さまの面影を感じます。美智子さまと紀子さまのお二人から学ぶ、皇室のプリンセス教育についてお話いたしましょう。

 


中高生のころから同年代向けのご公務をスタート

秋篠宮邸の庭で、悠仁さまと過ごされる眞子さま、佳子さま。写真/宮内庁提供 

美智子さまは、末娘の紀宮清子(さやこ)さまを「公務のできる内親王」としてお育てになりました。その道を受け継いでいるのが、眞子さまと佳子さまです。眞子さまと佳子さまは、清子さまを「ねぇね」と呼んで相談相手になってもらっています。

眞子さまが高校生、佳子さまが中学生になると、同年代の子どもたちの行事にたびたびご出席されるようになりました。思えば、清子さまも中高生の頃には、上皇陛下や美智子さまとご一緒に同世代の子どもたちとの行事に出席されていたのです。

学校生活を大切にしながらのご出席です。眞子さまは数年にわたり「全国高等学校総合文化祭」にご出席され、地方の事情を視察しました。また、佳子さまも「少年の主張全国大会」に行かれて、全国から選ばれた中学生たちが生き生きと語る想いに耳を傾けられていました。


東日本大震災でボランティア活動をされた眞子さま

板橋区立美術館で、「2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を鑑賞された眞子さま。写真/ JMPA・小学館  

2011年3月11日、未曽有の大災害が東日本を襲いました。震災直後、いち早く上皇陛下と美智子さまは甚大な被害を受けた宮城、岩手、福島の被災地をご訪問されたのです。
一方、宮内庁からも被災地に物資を送ることになりました。ところが職員が那須の倉庫に行くと、すでに紀子さまをはじめ眞子さまと佳子さまが被災者用のタオルの袋詰め作業をなさっているのです。職員は、その素早い行動力に驚かれたといいます。

その夏、眞子さまはボランティアの一人として被災地の岩手県山田町と大槌町、宮城県石巻市で活動なさいました。まだ瓦礫が残っていて災害の傷跡が生々しいころで、実際に被災した方のお話を伺うこともあったといいます。

秋に成年をお迎えになった眞子さまは、記者会見で、
「東京で関係者の方にお話を伺ったり、また、メディアの報道を通して、震災の状況について理解したように思っておりましたけれども、実際に行ってみないと分からないことがあると実感しました」
とおっしゃいました。

それまでは、親に連れられて現地に行かれていた眞子さま。ご自分の意思で、ご自分の足でその場に行かれたことで、それまでご両親がされていたことの意味に気づかれたのです。

2011年に発生した東日本大震災ののち、秋篠宮さまと紀子さま、眞子さまと佳子さまのご一家四人は、たびたびそろって被災のひどかった大槌町を訪れています。一団となってサッと現地に出かける秋篠宮家の素早い行動力は、上皇陛下と美智子さま譲りなのでしょう。

被災地を訪問していた時、現地の人から、
「車に何か書いていただけませんか」
と頼まれた秋篠宮さまは、マジックで大きく「希望」と書かれました。そのトラックは、大槌町を走り回っていたといいます。

よいときも、災いのときにも、皇室の方々はご夫婦でお出ましになる。だからよいのです。お子さまを連れてなら、さらにパワーアップするのです。
 

秋篠宮家の写真はこちら
▼右にスワイプしてください▼

①2019年3月24日、眞子さま、佳子さまそろって「千葉県少年少女オーケストラ」東京公演をご鑑賞に。写真/JMPA

②2017年6月10日、東京体育館メインアリーナで行われた「ドレミファダンスコンサート」の会場に到着された紀子さまと佳子さま。写真/JMPA

③2006年9月6日、悠仁さまをご出産された紀子さまを愛育病院にお見舞いに。写真/JMPA

④1996年8月2日、軽井沢を散策される眞子さま、佳子さま。写真/JMPA

⑤2019年12月10日、眞子さま、佳子さま、映画『アナと雪の女王2』チャリティー上映会にご臨席。写真/JMPA/光文社

⑥1997年、秋篠宮文仁さま、32歳のお誕生日に際しご一家で記念撮影を。写真/宮内庁提供

⑦1996年、秋篠宮文仁さま、31歳のお誕生日に際しご一家で記念撮影を。写真/宮内庁提供

⑧2019年7月9日、眞子さま、ペルーおよびボリビアご訪問のため、成田国際空港をご出発に。写真/JMPA・講談社

⑨眞子さまをご出産後、宮内庁病院を退院される紀子さま。写真/JMPA

⑩1996年、赤坂御用地内を散策されるご一家。写真/宮内庁提供

⑪1997年、赤坂御用地内にて。写真/宮内庁提供

⑫1998年、赤坂御苑にて。写真/宮内庁提供

  • 1
  • 2