6

一般家庭でもできる、秋篠宮家が育児で大切にされてきたこと【天皇家のプリンセス教育】

秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となったことを内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」が11月8日に執り行われます。

10月23日(金)に29歳の誕生日を迎えられた秋篠宮家の長女眞子さまは、次女の佳子さまと共に新型コロナウィルスの感染拡大によって、様々な公務が制限される中で、各方面の専門家にオンラインで説明を受けるなど、多くの活動に取り組んでこられました。

1996年、赤坂御用地内を散策されるご一家。写真/宮内庁提供

私は、筆頭宮家の内親王としてお生まれになった眞子さまや佳子さまのお振舞いやご発言を拝見するとき、その向こうに美智子さまの面影を感じています。皇嗣となった秋篠宮様のもとで、お二人の成人皇族としてますますの活躍を期待しつつ、この機会に美智子さまと教えから始まった、秋篠宮家の教育についてお話ししていきたいと思います。

 


新しい風を運ぶプリンセスたち

音楽大学卒業生演奏会にご臨席。写真/宮内庁提供

美智子さまは、初めての民間出身の皇太子妃となり、天皇家に新しい風を運んでくださいました。当時のメディアは総力を挙げて美智子さまの特集を組み、多くの女性たちは美智子さまの美しさと聡明さに未来への希望を感じました。美智子妃の登場が、天皇家を救ったとも言われたのです。

天皇家は日本一の旧家であり、「みんなで守る文化財」だと私は思います。
そして、今は雅子さまをはじめ眞子さまや佳子さまたち若い世代が、伝統を守りつつ新しい風を運んでいるのです。


子どもの興味と可能性を見抜いて将来につなげる

秋篠宮邸の庭で、悠仁さまと過ごされる眞子さま、佳子さま。写真/宮内庁提供

そんな若いプリンセス、眞子さまと佳子さまを育てられてきた紀子さま。紀子さまは子どもたち自身の将来のために、どのような気配りをされたのでしょう。
眞子さまと佳子さまが小中学生の頃に、紀子さまは定例記者会見の席で、
「機会を見つけては一緒に博物館の展覧会に行きましたり、美術展に出かけましたり、また一緒に運動するようになりました。このように関心や趣味などを共有することができるようになってきたと思っております。……娘たちの成長をつくづくと感じます」
とおっしゃっています。

眞子さま、ブータンよりご帰国。写真/JMPA/小学館

とりわけ眞子さまは、展覧会にご興味を示されたようでした。そのご様子を見て、秋篠宮さまはある場所に眞子さまをお連れしたそうです。眞子さまが中等科1年の夏休みのことです。

そこは、古文書の修補作業場でした。宮内庁には書陵部という古い文書などの修繕をする部署があり、
「もしかすると、そういうものにも興味があるのではないか」
と思われた秋篠宮さまは、眞子さまをお誘いしたのです。

ぼろぼろの古い文書が修復され、美しい形に整っていく――。
いにしえの人々の息遣いが感じられるその作業に、眞子さまは非常に興味を示されたといいます。

やがて眞子さまは、国際基督教大学で学芸員の資格を取得。卒業後はイギリスの伝統校レスター大学の大学院に留学して博物館学を修め、文学修士(博物館学)の学位を授けられました。そして現在は、東京大学総合研究博物館特任研究員として研究活動を続けられています。

秋篠宮さまと紀子さまは、眞子さまがお小さいころに興味や才能を見抜いて、育てていくことができたのでした。

子どもの興味や可能性を見抜き、支えていくこと――。
それは親にとって、もっとも大切な役割の一つといえるでしょう。
 

秋篠宮家の写真はこちら
▼右にスワイプしてください▼

①2019年3月24日、眞子さま、佳子さまそろって「千葉県少年少女オーケストラ」東京公演をご鑑賞に。写真/JMPA

②2017年6月10日、東京体育館メインアリーナで行われた「ドレミファダンスコンサート」の会場に到着された紀子さまと佳子さま。写真/JMPA

③2006年9月6日、悠仁さまをご出産された紀子さまを愛育病院にお見舞いに。写真/JMPA

④1996年8月2日、軽井沢を散策される眞子さま、佳子さま。写真/JMPA

⑤2019年12月10日、眞子さま、佳子さま、映画『アナと雪の女王2』チャリティー上映会にご臨席。写真/JMPA/光文社

⑥1997年、秋篠宮文仁さま、32歳のお誕生日に際しご一家で記念撮影を。写真/宮内庁提供

⑦1996年、秋篠宮文仁さま、31歳のお誕生日に際しご一家で記念撮影を。写真/宮内庁提供

⑧2019年7月9日、眞子さま、ペルーおよびボリビアご訪問のため、成田国際空港をご出発に。写真/JMPA・講談社

⑨眞子さまをご出産後、宮内庁病院を退院される紀子さま。写真/JMPA

⑩1996年、赤坂御用地内を散策されるご一家。写真/宮内庁提供

⑪1997年、赤坂御用地内にて。写真/宮内庁提供

⑫1998年、赤坂御苑にて。写真/宮内庁提供

  • 1
  • 2