1

秋冬トレンド眉は「ストレート」!キリッと&明るめカラーで今っぽく

モード誌を中心に活躍する、メイクアップアーティスト松井里加さんが初登場! 大人が取り入れたい旬メイクの匙加減&ポイントについて、山根さんにメイクレッスンする企画です。今日からぜひトライしてみて下さい!
 

三種の神器「ペンシル」「パウダー」「眉マスカラ」
があれば、360度、旬の美眉が楽々と!

いつもの山根さんがさらに「キレイなお姉さん」風。マスクありでももちろん、端正な眉で抜け感と清潔感のある印象に。
ピアス¥90000、ネックレス¥160000/ベルシオラ

松井さん:大人のメイクで大事なのは眉。まずは眉をアップデートすると印象が一気に今っぽくなります。目指す雰囲気としては、キリッと&フェミニンさ。

山根さん:具体的なポイントはどこでしょうか?

松井さん:太めのストレートで形は端正に美しく。色はやや明るめのブラウン系でフェミニンさと抜け感を出すのがおすすめです。

眉色が明るめの方が、繊細な質感を生かすニュアンスカラーのアイメイクも映える!

松井さん:カーブのある眉をストレートにするには、①ペンシルで眉頭の上を描く ②眉山の下に色を足す これで、カーブがストレートに。フォルムはこれで完成するので、埋めきれなかったところをパウダーでフォローします。

特に、眉尻はパウダーを上に重ねるともちが格段にアップ!

山根:太眉でも色が明るいと全然違った印象になってびっくり。いつものセルフメイクより、かなり太めの眉ですが、形がストレートで明るめのブラウンなので、ナチュラルな雰囲気ですね。

松井:そうなんです。眉ペンシルとパウダーだけでは分離している感じがあるので、仕上げは眉マスカラでしっかりと色を整えること。眉で3アイテムは多いと感じるかもしれませんが、テクニックいらずで完成度の違いは歴然。
眉のカラーは、色を明るくするほどフェミンで抜け感のある印象になりますから、個性をやや強めに主張したい場合は、ダークめのブラウンを選ぶのがおすすめです。
 

 

HOW TO
1. 眉頭の上をしっかりペンシルで足す

 

眉頭にピタリと合うフラットなアイブロウペンシルが便利です。


⒉ 眉山の下をペンシルで埋める

 

眉のカーブを作る眉下部分を足して、ストレート眉にしていきます。年齢を重ねると、眉と目の間隔が広くなりがちなので、間隔を狭めるストレート眉は若見え効果も。ペンシルで埋めきれなかったところを眉パウダーで。

<おすすめ眉アイテム>

 

彩度を抑えたブラウンで柔らかい印象に。ルナソル スタイリングアイブロウペンシル(フラット)02 ¥3500(ホルダー&ペンシルのセット)/カネボウ化粧品

 

肌なじみのよいベージュからブラウンのグラデーションが5色そろって、髪の色や仕上がりイメージに合わせて色の調整が自在に。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品


⒊ 毛流れと逆にブラシを動かして色を乗せる

 

根元までしっかりとブラシをあて、毛流れと逆に動かすと色が乗りやすい。その後、毛流れの方向にブラシを動かしてフィニッシュ。

<おすすめ眉アイテム>

 

スック ボリューム アイブロウマスカラ 03 キャメル ¥3000


アイシャドウとリップのおすすめは?
濁りのない艶と煌めきをまぶたに

 

左・どのカラーを混ぜても濁ることなく繊細に煌めく! 右下のカーキに、左上の金箔ゴールドを重ねて透明感のある上品な目元に。スック デザイニング カラー アイズ 133 ¥6800
右・潤い感もちゃんとある旬のマットリップ。オレンジベージュが眉の抜け感とマッチ。セルヴォーク リベレイティッド マット リップス 01 ¥3500


眉が主役の日は、端正かつ
フェミニンなシャツコーデ!

シャツ¥29000/ミュラー オブ ヨシオクボ
キュロット¥32000/ミュラー オブ ヨシオクボ ブーツ¥29000/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

眉の端正さを引き立てる白シャツは、ウエスト部分のレザーがポイントに。おうちでも洗濯可能です。エコレザーのキュロットも今年らしい新鮮なアイテム。

メイクアップアーティスト松井里加さん×山根亜希子さんの秋冬メイクを全部見る
▼横にスワイプしてください▼


<SHOPリスト>
ダイアナ 銀座本店 tel. 03-3573-4005
ミュラー オブ ヨシオクボ tel. 03-3794-4037
ベルシオラ tel. 0800-300-3336

撮影/神戸健太郎
ヘア&メイク/松井里加
スタイリング/池田直美
構成/藤本容子
 

 

第2回「秋冬トレンドメイクは「極細ブラック」のアイライン! 大人に似合う知的な色っぽさ」>>

第3回「秋冬は仕込みマットリップと、“瞬間ツヤグロス”でマスクがあってもなくてもいい女!」>>