48

50代のハイテクスニーカー選び「毎日履ける“サロモン”の白スニーカー」

「毎日履いちゃう白のスニーカー」

毎日厳しい寒さが続きますが
お元気ですか?
日中の陽射しはどこかしら春の予感もしますが、やっぱりまだまだ寒いですね。
さて、今回はスニーカーのお話です。
都会のど真ん中暮らしのため
大概歩きで行動している毎日。
なので靴は必然的に歩きやすいものとなります。
以前にもスニーカーのテーマでコラムを書いた事ありますが、相変わらずスニーカーが好きで、今もいろいろ履き比べています。
今、お気に入りは
『Salomon(サロモン) 』の白のスニーカー。

 

元々はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ用品で有名なようで
北海道出身のウチの主人もよく知っているブランドでした。
現在はトレイルシューズやトレッキングにも力を入れているとのこと。
最初はメンズ雑誌を読んでいたら
好みのスニーカーがあって
どこのだろう?とブランドを見たら
『Salomon』でした。
その靴は残念ながらメンズしか展開されてなかったので、他の靴を見たら
シンプルだけど、ほどよいデザインと形が好みのスニーカーがあり
試しに買ってみるとこれが大正解!

軽いし、ホールド力と
クッション性が抜群!
パンツやワンピーススタイルが好きな私にはピッタリ!

 

 
 

そういえば、著名なデザイナーが『Salomon』のスニーカーを履いている写真を偶然見つけて
思わず「ですよね〜」という
シンパシーを勝手に感じて嬉しくなりました。
ちなみに、履いているのは
ウィメンズ - トレイルランニングSUPERCROSS Wというもの。
実は黒も持っています。

 

そして、あまりにもこの白のスニーカーが好きすぎて
またオンラインにてポチりました。笑
(なんとSALEになっていたので嬉しい〜!)
サイズ感は普段良く履いている『NIKE』のエアマックスは24センチなのですが、『Salomon』は長めのデザインなので23センチでちょうど良かったですよ。

 

さて、今日のスタイルにも
またこのスニーカーを合わせちゃいそうなくらいベビーローテンション中。
ていうか、最近これしか履いてない……(苦笑)。
ではまた〜!

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。


 

前回記事「【50代ファッション】2021年注目のシルバージュエリー4選」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>