50

【50代ファッション】冬から春は「タートルネック」で気温調節

「タートルネックが好きなもので」

日によっては暖かい日もありますが
まだまだジェットコースター並みに寒暖差がある今日この頃。
冬服はもう着る気分ではないから
と言って薄いものだけではうすら寒い……。
そんな時、「Le pivot(ル・ピボット)」のコットンのタートルネックカットソーを着用しています。寒ければこの上にコットンニットを着たりして
温度調整をしてます。

 
 

イタリアと日本の共同開発された素材で日本の高い技術により、薄手の細番手でもしっかりとしています。
タートルネック部分はねじりながらつけられてるので、着用時はクシュっとした雰囲気になります。
全体的には細身で頭が通りやすいギリギリの襟の高さが特徴。
定番の白はもちろんですが、新色のテラコッタとグレーカーキがまた大人にも肌馴染みの良い色で重宝しています。

 

 

 

友人の中には、首が凝りやすいので、タートルネックやネックレスが出来ないと言っていましたが
私はタートルネックが大好き!
コーディネートもしやすいし。
初夏や真夏以外はほとんど着ているといっても過言ではないほど。
首を冷やさなくなってから、風邪はほとんど引かなくなったし、肩凝りも減ってきました。
また、寒波も来そうな予感……。
インナーをしっかり暖かくしながら
春スタイルを楽しみたいですね。
ではまた〜!

 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。

前回記事「【50代ファッション】2月に春物を着る裏技は、ユニクロのインナーダウン」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>