6

青木さやか「痩せたおやつの選び方」無印、コンビニ、お取り寄せ【3ヵ月-7kgダイエット】

タニタサイズ」を続けて、3ヵ月で7kgやせに成功した青木さやかさんがやせていく過程をレポートする連載の6回目。青木さんがダイエットに成功した理由は、おやつの選び方を変えたことも大きなポイントでした。そこで今回は、どんなふうにおやつを変えたのかを詳しくご紹介。やせたいけれど、おやつがやめられない!という人は必読です。

 


関連記事
3分半で運動不足も肩こりも解消!体脂肪計タニタ社員が毎日やっている「タニタサイズ」とは?>>

タニタの“栄養先生”に、おやつのことを相談してみました

 

まずは、青木さんが、タニタの“栄養先生” こと、管理栄養士の西澤美幸さんに、ダイエットするうえでの、おやつの取り方について相談。

教えていただいたのは……“栄養先生” 株式会社タニタ 開発部主席研究員 栄養士西澤美幸さん
学生時代よりタニタの体脂肪計開発プロジェクトチームに参加。世界初の乗るだけではかれる体脂肪計をはじめ、体組成計、活動量計などの回帰式や判定アルゴリズムを開発している。研究者と栄養士の視点から健康とからだに関するセミナー講師も担当。

 

青木さん:ポテトチップスやチョコレートなど、間食を1日に2、3回は取っているのですが、やっぱり、やめないとダメですか?

西澤さん:そうですね。甘いものやスナック菓子は糖質も脂質も多くて太りやすいので、なるべく控えたほうがいいですね。それだけでもやせやすくなりますよ。ポテトチップスは、ナッツやするめなどに、チョコはハイカカオチョコにすれば糖質量を抑えられます。
それと、青木さんの食事内容を見ると、コーラをよく飲まれるようですが、それも無糖の炭酸水に変えましょう。
おやつをガマンするとストレスになって続かないので、選ぶ種類を変えるだけでOKです。

 

青木さん:そうなんですね。ポテチやチョコをやめるのは大変そうではありますが、やってみます。ダイエット中はどんなおやつがおすすめですか?

西澤さん:糖質が少ないナッツや、たんぱく質が摂れるヨーグルトやチーズ、大豆を使ったおやつなどです。あと、フルーツは、ビタミンやミネラルや食物繊維が摂れるのでおすすめです。ただし、日本のフルーツは果糖が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。

青木さん:わかりました。ちなみに、どうしても甘いものが食べたくなったとき、ハイカカオチョコ以外で、食べていいものはありますか?

西澤さん:プリンやシュークリーム、シフォンケーキは比較的糖質が少なめなので、どうしても食べたいときに選ぶのはいいと思います。あと、高級アイスは血糖値が比較的上がりにくいので、食べ過ぎなければOKです。ドライフルーツがミックスされたナッツもいいと思います。

青木さん:了解しました。おやつを食べちゃいけないわけじゃないので、頑張れそうな気がします!

  • 1
  • 2