19歳で杉浦太陽さんとの結婚を発表。当時「ママゴト婚」とも報道された“辻ちゃん”こと辻希美さん。翌年産まれた長女は中学生になり、長男と次男は小学生、三男は2歳半に成長。その日々を綴ったSNSや動画は幅広い年代に人気です。今や「20~30代の理想の夫婦1位」となった辻さんに、これまでを振り返ってもらいました。

1987年6月17日生まれ。2000年、12歳でモーニング娘。第4期メンバーとして芸能界入り。ミニモニ。などのユニットでも人気を博したのち、2004年にモーニング娘。を卒業。2007年に俳優の杉浦太陽氏と結婚し、20歳で出産。34歳の現在は4人の子どもを持つ母として仕事に育児に奮闘している。YouTube、インスタグラム、ブログ等でリアルで等身大の暮らしを配信。気負いのない子育ての様子が多くの人に支持されている。

 


「機嫌よく外を歩く」なんてことも、してはいけない気がしていました
 

一人目の子を出産後、仕事をいったんお休みして家事や育児に専念していた辻さん。12歳でモーニング娘。に加入して以来、忙しい日々を送り続けていたこともあり、このとき初めて“家にずっといる生活”を経験。辻さんにとって、それはとても辛いものだったそう。
 
「当時は親や友だちと離れて暮らしていたので、ひたすら孤独でした。仲のいい友だちは誰も結婚していないので、育児に関する不安や悩みを相談することもできなかったのです。旦那さんの仕事も忙しく、子どもと二人きりで家にいながら、どうしてこんなに辛いんだろうとよく泣いていました」

「ママゴト婚」「きっとすぐに別れる」などと報道され、世間から冷たい目で見られていたことも、辻さんを追い詰めた原因のひとつでした。
 
「『機嫌よく外を歩く』なんてこともしちゃいけないような、変な後ろめたさがありました。急な発表になってしまって、周りの方々にご迷惑をかけたことも心に引っかかっていたと思います。一人目を産んだ後あたりの記憶は、ほぼほぼ残っていません(苦笑)。毎日いっぱいいっぱいで、育児本を読んでは『なんで本の通りのことができないんだろう』『うちの子は大丈夫なのかな』などと、一人で悩みを抱え込んでいました」

コロナ禍で外出がままならなかった昨年、子どもたちの運動不足を解消したい、楽しいことをさせてあげたい、と自宅のリビングルームにブランコなどを設置。