皇后になられてから、聡明さと語学力、ご自身のキャリアを発揮され、海外からの賓客も細やかなお心遣いでもてなされるなど、存在感と輝きを増してきた雅子さま。

 

ファッションを拝見するのも私たちにとって楽しみのひとつです。白やゴールドなど、皇后というお立場にふさわしい色から優しいパステルカラーまで、ご公務の内容に合わせた選択。伝統的な着物からエレガントなドレス、マニッシュなジャケット&パンツスタイルまで幅広い着こなし。ご成婚前のキャリア時代から変わらない雅子さまスタイルが貫かれています。

コロナ禍でご公務の形も変わる中、雅子さまは華美なアイテムを控えて今までのお召し物を着回されるなど、堅実なファッションで国民に寄り添っていらっしゃいます。そこには知性とエレガンスがバランスよく表れた、世界に通用する現代の新しい皇后像が反映されているのです。


2020年雅子さまの人気コーディネートトップ5は?>>

 

天皇陛下61歳のお誕生日の記念撮影で、雅子さまは陛下の57歳のお誕生日でもお召しになった淡いラベンダー色のカーディガンに同系色のパンツ、白のボウタイブラウスをお召しに。アクセサリーは花のモチーフのパールのロングネックレスとイヤリングを選ばれています。シンプルかつ優しい印象のコーディネートです。2021年2月2日、東京都港区・赤坂御所の談話室にて。写真/宮内庁提供

▼右にスワイプしてください▼

天皇陛下は鮮やかなブルーのニットをお召しになり、両陛下そろって寒色系のコーディネートです。2020年12月に出席された、GEA国際会議2020(地球環境行動会議) の冊子をご覧に。写真/宮内庁提供


キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。

構成/片岡千晶(編集部)

関連記事
「天皇陛下のお誕生日のポートレートに表れる雅子さまとの絆と家族愛」はこちら>>
「雅子さまの入学・卒業式の装いは着回しも「シンプルなスーツを華やかに着こなすヒント」」はこちら>>