59

【50代ファッション】”色気のある”シルバージュエリーを愛用中!

13

CALL MOONのシルバージュエリー


こんにちは。
仕事で滞在中の南九州でこの原稿を書いています。
こちらは梅雨明け宣言がありました。
でも晴れてるかと思えば
時折り雨が降ったり止んだり
そして雷がなったりと不安定なお天気が続いています。
なのでお気に入りの服とジュエリーを
まとって過ごしています。

私は一年中シルバージュエリーを身につけているのですが
シルバーというとどうしても男っぽくてゴツっとしたイメージがありがちで
好きか嫌いかに分かれますよね?
今年私が最も気に入ったのが、『CALL MOON(コールムーン)』というブランド。
人の身体の曲線や人が生み出す動きから影響を受けたというフォルムは
シンプルだけれど色気としなやかさ(これは本当に大事!)があるデザインなのです。
piliのお店用にも自分が欲しくて少量ですがバイイングしました。

 

一つ目が「LASEN earring」渦巻き模様のピアス
そういえばサンタフェのジョージア・オキーフミュージアムでも
渦巻き模様のブローチを買ったことがあります。
2019年9月11日のコラムにも書いてますが)
やっぱり渦巻き模様が好きみたいです。

 

このピアスは銀河や雲、貝や葉 
自然の生きた形をイメージしたものとのこと
本当に植物の蔓のようでもありますよね。

 


そしてもう一つは「Moon and Ocean ring」

 

物撮り写真では分かりにくいですが
真夜中の海の上で輝いている月の美しさを表現しているリング。
着用すると指の中に小さな小さな海と月の世界が!!

 

ロマンティックで色っぽさを感じます。
これから夏本番、強い陽射しにシルバージュエリーが似合う季節です。
白い肌にも日焼け肌にも映えるシルバー。
洋服のスタイリングと同じく楽しんでいきたいと思います
ではまた!
 

岡本 敬子

アタッシュ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

『好きな場所へ自由に行きたい』
岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)

旅を愛し、暮らすように旅をする服飾ディレクターの岡本敬子さん。北海道や山形、鹿児島などの国内から海外まで、岡本さんがこの土地で必ず訪ねてしまうというスポットや、旅の愛用アイテム、バックパックの中身、旅のコーディネートなど、参考になる情報が満載!その土地の香りまで香り立つような内容は、旅好きな人にも自宅で旅気分を味わいたい人にもおすすめ。ステイホーム期間を経て、旅が人生においてもたらしてくれるものに気がついた私たちに、必見の一冊です。

前回記事「【50代ファッション】機能的なレインポンチョで梅雨のおしゃれを楽しむ」はこちら>>

岡本さんのインタビューはコチラ>>