SNSやWEB記事あげるときは、写真もご自身が撮ることが多いと思います。写真のクオリティアップは、フォロワーやリアクション増に即効性があります。文章を磨くより短期間で習得できるのもポイントです。今回は、撮影の”基本のき”である「グリッド」をご紹介します。スマホカメラの設定にある「グリッド」を表示させるだけで、写真がぐんと上達するんです。

 


水平を意識すると気持ちのいい写真が撮れるようになる


さて次の2つの写真、パッと見てどっちがいいなと思うでしょうか。

(A)

 

(B)

 

同じ棚の上で同じコスメを撮影したんですが、(A)のほうが気持ちよく、(B)はなんだか落ち着かない感じがします。(B)の写真がいまいちだなと思うのは、棚もボトルも微妙に斜めに傾いていて不安定な感じがするからだと思います。

 

この「びみょーに斜めってると気持ちが悪い」という感覚を養うだけで、写真がグッと上手くなります。

水平・垂直のとれた“気持ちのいい写真”を撮るのに便利なスマホカメラの機能が「グリッド」です。