VOCE編集長がミモレ読者に贈る「頑張らない美容のススメ」

2016.7.9

6週間で7キロ減! 食事でも運動でもない、痩せるために必要なこととは?

暑くなってきましたね! 夏は気持ちがあがります……反面、クーラーの効いた室内と外とで気温差が大きくなる季節。私の腹巻き靴下生活も、つけっぱなしはお腹にあせもができそう(笑)なので、こまめな着脱が必要な時期になってきました。

外を歩く時は脱いで、会社についたらはいて、夜寝る時はエアコンをタイマーでドライにして腹巻き靴下を着けて寝ています。……忙しいのですが、でも冷房がついていると、やっぱりあっためることが快適です。例えば、暑いからといって腹巻きしないで冷房の効いた電車に乗るだけで、お腹って冷えちゃうんですよね。(さわるとひんやり)ほんとに油断がなりません。

前置きが長くなりましたが、今回は食事でも運動でもなくて、でもやせるために重要だったと思う要素についてです。

それは……姿勢!です!

私はとにかく肩こりがひどくて、肩が前に入ってしまっている「前肩」の状態が常でした。
ずーっとそうだったので、何というか「クセ毛」とかと同じように自分の特徴だと思っていたのですが……。今回のダイエットチャレンジでソラーチェ代官山に通いだして、肩甲骨をインディバでほぐしてもらいながら、ストレッチをうけること、そして電車にのっているときなどに気をつけることで、たったの3日目ぐらいから肩が後ろに下がるように!!!

じゃん。編集部の子をモデルに前肩ビフォーアフターのイメージ写真を撮影してみました。このぐらい、肩の位置がちがうだけで、スタイルも全然変わってきますよね。デコルテの綺麗さや、腕の太さまで違って見えます。

これ、本当にびっくりしました。真横を向いた時に自分の肩の位置がかなりいつもより後ろに下がっているんです! また、骨盤のほうは反り腰になってしまっていて、腰痛もひどいし出っ尻に見えて見た目もかなりガッカリ……だったのですが、こちらも前肩がなおることでとっても改善…! すわっているときはサポート器具(?)のようなものを使っているのですが、こちらを使うと骨盤が立つのですご~く楽です。

ジムにそれほど通わなくてもいいという話は別でしたいのですが、とにかく姿勢に気をつけるだけで肩こりが目に見えて楽になり、インナーマッスルが鍛えられることで代謝もあがり、めぐりの良い身体に! これはダイエットチャレンジが終わった後も財産として残ります。

  • 『35歳からの「もう太らない自分」の作り方』の中の1ページ。みなさんは普段の姿勢がどうなっていますか? 正しい姿勢でいることって、インナーマッスルがものすごく必要なのですよね。電車に乗っている時にこの姿勢をキープするだけでもかなりの運動効果があります。他にも簡単なストレッチやヤセ見えな立ち方などが掲載されているので、ぜひチェックを!
  • こちらは、ダイエットを始めたときから座っているボディメイクシートスタイルという姿勢補助もの。普通に椅子にのせて使っていますが、これを使うと骨盤が立つ形で座れてものすご〜く楽! しかも、腰のところにゴルフボールを挟んでぐりぐりすると、会議の時間もほぐしの時間に! 立ち上がったときにゴルフボールが転がり出て笑われたりもしましたが(笑)……。座り仕事が多い人にオススメです! リンクはメーカーサイトにはりましたが、アマゾンでも売ってます。
  • 今週の日曜日、7月10日に友人の料理家のポップアップストアに器のフリマで参加しますので、もしよかったら遊びに来てください~。昔、ベトナムのバッチャン村まで買いに行ったバッチャン焼の器とか、古いスッカラとか出品予定です。美味しいお菓子やフードもありますよ~。