2016.10.22

「ちょっとだけキレイ」をかなえる、”切らない”ヘアサロンが人気のわけ

2014年11月の広尾店に続き、麻布十番に10月半ばにオープンしたのが“切らないヘアサロン” JET SET DRY BAR。カットしないヘアサロンって……一体何するの? と思ったのですが、親しいPRの方から「オープン前日に体験会があるから来ない?」と誘われて行くことに。六本木から麻布十番商店街へ入ってすぐのところにあります。

行ってみて驚いたのですが、このサービス、とっても便利!
使わない手はありませんよ。

 

フツーのヘアサロンといえば、カット、カラー、パーマですよね。でも、JET SET DRY BARはハサミを使わない、シャンプー&ブローを専門におこなうヘアサロンなんです。

実はアメリカ、ヨーロッパのジェットセッターと呼ばれるビジネスウーマンの中では知られたサービス。会食の前にちょっと髪を整えるとか、仕事後のパーティーへ行くときなど、いつもより「ちょっとだけキレイ」にしたいというときの強い味方。

正直、メイクは何とでもなるんです。でも、ヘアは「自分でやるにはちょっと……」と感じたりしませんか? いい大人がドライヤーやアイロンを持ち歩くわけにもいかないし(笑)、梅雨時期など髪の毛が膨張したまま会食へ行くときなんて残念な気持ちになるんですよね。

別に、結婚式などのハレの日とか、銀座のおねーさんたちのようなフルフルのヘアアレンジを求めているのでなく、サラサラで髪がキレイにブローされている程度でいいんです。そう、「ちょっとだけキレイ」になりたいんですよね。そんなとき、予約無しで気軽にブローをお願いできるとしたら……それも良心的な金額でできるトコロがあればいいのに、ってずっと思っていました。

実際、体験してみて感じたこと。

 

シャンプーとブローでだいたい40分くらいでした。だからといってシャンプーが雑だった、ということはなく、ヘッドマッサージまでしてもらいましたから(笑)。

シャンプー時間よりも、ブロー時間の短縮がウリなのでしょう。ツヤ髪をかなえる「Dyson(ダイソン)」のSupersonic ヘアードライヤーを起用しているので、早い、早い! 発売当初から話題になっていましたが、この使い心地は想像していた以上のものでした。

髪の毛を乾かすときの大切なポイントは、「いかに速く、それも髪を痛めずに乾かすか」なんです。
ブロー時間が長いと熱によるダメージを受けてしまうため、それをクリアするために考えたのがダイソンのドライヤー。熱で乾かすのではなく、風圧で乾かすこと……低温でもまわりの空気を巻き込みながら一気に乾かす、ファンのない扇風機のメカニズムをドライヤーでもかなえました。

「ヘアサロンでは業務用のドライヤーを使うことが多いのですが、それでもダイソンのドライヤーのほうが乾くのが早いですね。ファンがないため、髪の毛がドライヤーに吸い込まれるという心配もありません」と担当してくれたスタイリストさん。

実際、ドライヤーから出る風は「こんなんで乾くの?」と思うくらいのぬるい風。でも、風の量がハンパなかったです。だからなのか、手ぐしでスタイルがほぼ完成してしまうというのにも驚きました。ドライヤーの当て方で、ストレートやくせのあるナチュラルヘアも自由自在。本当に使い勝手が良かったです。

JET SET DRY BARの魅力はこれだけではありませんでした。

「ミモレ世代の方でしたら、髪の分け目と額の生え際だけのカラーリングをするメニューもあります。“見えるところだけ”をちょっと隠したいというクイックカラーリングは意外とニーズがあるんですよね」と。

 

かゆいところに手が届くってこういうことを言うんですよね。ヘアサロンで「生え際だけ、ちょっとやって……」とはなかなか言えないし、かといって自宅でヘアカラーをやってもムラになっちゃって……という人には嬉しいサービスかも。

「日本のヘアサロンのシャンプー技術は世界でもTOPクラス。ブローも丁寧だし、このサービスはもっと確立されてもいいと思っているんです」と話してくれました。気軽に立ち寄っても予約がいっぱいで入れなかったなんてことがないようにスタッフ数も多くしているとか。
ちょっとだけキレイをかなえるサービス、使わない手はありませんよ。

 

JET SET DRY BAR 麻布十番店
住所: 東京都港区元麻布3−10−2
営業時間: 11時〜19時(最終受付け18時頃)