その日のコーディネートや気候によって様々なヘアアレンジが楽しめる「ギリギリ結べる長さ」。結んだ毛束が小さく、短いからこそ出せる可愛げがあります。コートやタートル、巻き物など首元が重くなるこれからの季節にぴったりな「プチひとつ結び」スタイルをご紹介します。

『【40代髪型】ギリギリ結べる長さの大人可愛い「プチひとつ結び」』を一挙に見る>>

 

“結べてない”後れ毛が大人可愛いラフひとつ結び

 
 

スタイリスト風間ゆみえさんは、後頭部の髪だけをちょこんとお団子に。衿あしとサイドの髪はあえてまとめずルーズに落とし、アンニュイな雰囲気を引き出しています。低めの位置で結ぶことで、ダウンスタイルより後頭部の丸みが強調されるので女らしさが引き立ち、フェミニンなアイテムとも好相性です。

『【40代髪型】ギリギリ結べる長さの大人可愛い「プチひとつ結び」』を一挙に見る>>


こぼれる髪をねじってまとめたコンパクトなひとつ結び

 
 

ギリギリ結べる長さをいつもキープしている大草直子ディレクターは、プチひとつ結びがトレードマークのひとつ。この日は「ビジネス会食」がテーマのスタイリングだったので、後れ毛を作らず、前髪もアップにまとめてキリッと。ひとつ結びに届かないサイドの髪は、毛束ごとにねじって小さいピンで留めています。耳まわりの毛束が耳上にかかるように留めてあるのがこなれて見えるポイント。ぴったりまとめる時は、クセがある人はそれを生かして毛束を引き出し、ない人は結ぶ前に軽くランダムに巻いておくとニュアンスが出ます。

『【40代髪型】ギリギリ結べる長さの大人可愛い「プチひとつ結び」』を一挙に見る>>


女らしく知的なサイド分けひとつ結び

 
 

ヘアメイク長井かおりさんが提案するお仕事シーンのひとつ結びアレンジ。前髪を大胆なサイドパートで分けてから結ぶことでシャープで知的な印象に。トップ〜後頭部の毛束をランダムに引き出してニュアンスをプラス。顔まわりに自然と落ちる毛を生かして後れ毛に。後れ毛が疲れて見えないこなれた引き出し方は、ぜひ動画でもチェックしてみてください。

『【40代髪型】ギリギリ結べる長さの大人可愛い「プチひとつ結び」』を一挙に見る>>

「40代の髪型・ヘアカタログ」はこちら>>

ボブ」はこちら>>

「ショート」はこちら>>

「ロング」はこちら>>

「ヘアアレンジ」はこちら>>