シースルー素材のトップスはここしばらくのトレンド。ですが、インナーが透けてしまうから、どんなふうに着るのが大人として正解なのか悩みがち。そこで、スタイリスト川上さやかさんに透け感のあるトップスの着こなし方について教えてもらいます。

 

関連記事
スタイリストが黒い服を着る時に絶対やらない3つのこと>>


透けシャツの着こなし方の正解

シャツ/アダムエロペ パンツ/ビューティー&ユース スカーフ/エルメス バッグ/カバナバッシュ 靴/ヘンリー&ヘンリー イヤリング/ダイナソーデザイン リング[右手中指]/ティファニー、[右手薬指]/マリーエレーヌドゥタイヤック

シースルートップスは、黒でも暑苦しく見えないので、まだ残暑が厳しい時期にも便利です。
コーディネートするときは、透け感がある=女っぽいということから、全体がフェミニンになりすぎないように気をつけます。そのために、合わせるボトムをカジュアルなタイプにするのがポイント。たとえば、リブパンツやデニムが便利です。

 

素材が軽やかなので、ロング丈のシャツを選んでも、全身を黒でまとめても、重く見えないのもメリット。


透けカットソーの着こなし方の正解

カットソー/カレンソロジー パンツ/ロク バッグ/エレナギセリーニ 靴/トゥモローランド イヤリング/シャルロットシェネ リング[右手中指]/ティファニー、[左手薬指]/ハム

透け感のあるカットソーをくすみピンクのストレートパンツに合わせました。先ほど、シースルーのトップスは女っぽく着ないとお伝えしましたが、コンサバにしすぎないことも重要です。あえて遊びのあるカラーパンツを合わせることで、コンサバ感を回避!バッグや靴もひとワザ効いたものを選んでいます。

透けトップスに合わせない方がいいボトムは?


女っぽくしすぎない、コンサバっぽくしすぎない、ということから、スカートよりはパンツが断然おすすめです。パンツなら、細身のきれいめパンツや、光沢のあるワイドパンツは避けるのが賢明。
ラフ感や遊び心のあるパンツと合わせるとコーディネートが簡単に決まります。

透けトップスに合わせる下着はGUのブラフィールを愛用!

シースルートップスに普通のブラをつけてしまうと、お腹周りまで透けるのが気になりますし、セクシーになりすぎてしまいます。なので、カップ付きのブラトップがおすすめです。
なかでも私が気に入っているのがジーユーのブラフィール。ビューティタイプは、カップ上辺のラインが深くてきれいなんです。しかも税抜き¥1000を切る価格なので、色違いで持っているほど。

カットソーと合わせると、こんな感じになります。肩のストラップも細くてきれい。黒いカットソーには、インナーも黒を選ぶと悪目立ちしないのでおすすめです!
 

撮影/目黒智子
スタイリング・出演/川上さやか
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)
構成・文/高橋香奈子

 

第1回「スタイリストが黒い服を着る時に絶対やらない3つのこと」>>
第2回「【スタイリスト川上さやか】夏しかワンピースとスカートを着ない理由」>>
第3回「スタイリストが黒×白のモノトーンコーデで必ず守る「小物ルール」とは? 」>>
第4回「おしゃれのプロがいちばんよく着ている黒い服とNGだったアイテム」>>
第5回「黒コーデが「地味!」と言われないためにスタイリストがしているたった1つのこと」>>

第7回「ブルーデニムが苦手な人もはきやすい黒デニムの魅力」
第8回「教えてヘアメイクさん!黒コーデが怖く見えないヘアメイク」