人生で生まれて初めての経験“コロナ禍”により、これまでのおしゃれの常識が一気に変わり、これからどうやってファッションと付き合っていけばわからなくなっている人も多いかと思います。そこで今回は、ファッション本『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』の著者でもあるスタイリスト川上さやかさんに、コロナ前も、ニューノーマルなこれからの時代も、またトレンドがどうなろうと、変わらずにずっと愛用していくであろうアイテムについて教えてもらいます。

 

関連記事
スタイリストが黒い服を着る時に絶対やらない3つのこと>>


4年以上はいているパンツはスティックパンツとワイドストレートパンツ

パンツ[左]エムフィル、[右]ロク

ファッションのトレンドが変わっても、コロナ禍でおしゃれの常識が変わっても、ずっと変わらずにはき続けているアイテムは、2本のパンツ。1本は細身の黒のスティックパンツ。もう1本はネイビーのフルレングス丈のワイドストレートパンツです。

トップス/フォンデル ネックレス/ノーブランド リング/マリーエレーヌドゥタイヤック

著書『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』でも紹介しているのですが、私にとって着こなしの土台はボトム。コーディネートを考えるときも、いつもボトムから決めます。だから、着回しが効いて体型カバーができる信頼のパンツがあれば、着こなしに自信がもてます。


愛用歴6年!エムフィルのスティックパンツ

パンツ/エムフィル

黒のスティックパンツは、エムフィルの「ボディシェル」というモデルです。6年以上前に初めて購入し、はきすぎてくたびれてきたので同じものを買い直し、こちらで2代目になります。小柄でも裾上げしなくてもいい裾丈ですし、小さめの34サイズから展開しているのもこのアイテムの魅力です。

「ボディシェル」というのは素材の名前に由来するのですが、程よいハリがあるので、体の肉感が気になりにくい点と、ほんのりとした光沢感でシャープに見える点が気に入っています。

また個人的に、トップスにはボリュームがあり、ボトムは細身というバランスが自分の体型をいちばんすっきり見せてくれると思うので、このスティックパンツを重宝しています。


黒のスティックパンツ、今年はこう着るのがおすすめ!

パンツ/エムフィル スエット/アレキサンダーワン カットソー/エイトン バッグ/ドリスヴァンノッテン 靴/セサレマルティノリ イヤリング/エナソルーナ リング/マリーエレーヌドゥタイヤック

ワードローブの半分以上を黒のアイテムが占めているくらい黒アイテムが好き。なので、黒パンツを黒のトップスに合わせるコーディネートは出番が多いです。
今季はスポーティなアイテムを入れるのが気分なので、パーカを合わせて細身のパンツをラフに仕上げました。

ちなみに、エムフィルのこのパンツの代わりに、ユニクロの「スマートアンクルパンツ」をはくこともあります。


愛用歴4年!ロクのワイドストレートパンツ

パンツ/ロク

同じパンツでも、細身のスティックパンツとは違うバランスで着られるワイドストレートパンツ。着こなしに幅が出るので、両方のタイプを持っておくと便利です。

こちらは太すぎないワイド気味のストレートシルエットで、脚がすっきり見えるのがお気に入り。色違いのスモーキーピンクも持っています。
ちなみに、身長が154cmなので、こちらのパンツは裾上げをしました。

ネイビーのワイドストレートパンツ、今年はこう着るのがおすすめ!

パンツ/ロク ニット/ロエフ カットソー/ロエフ バッグ/パームグレンス 靴/ザロウ イヤリング/エナソルーナ ネックレス/アリギエーリ リング/マリーエレーヌドゥタイヤック

詳しくは、著書『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』に買いているのでぜひ読んでいただけたらうれしいのですが、私自身、そのシーズンのトレンドに合わせて、着こなしをころころと変えるタイプではありません。なので、シンプルなクルーネックニットと合わせるのは、昨年と冬と同じ。

今年気になっているネックレスを合わせたり、リラックス感のあるバッグを合わせたりと、小物で変化を加えて、長年愛用しているパンツを新鮮な気分で楽しんでいます。

身長154cm。スタイリスト川上さやかさんの小柄ファッション理論
▼右にスワイプしてください▼

 

<書籍紹介>
『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』
著者 川上 さやか 1450円(税別) 講談社

【目次】 「おしゃれ迷子を脱する4つの発想の転換」「おしゃれってこういうこと」など買い物以前の心得から、「プチプラ、セール活用術」「仕事服」「失敗しないアイテム選びの極意」など、ベーシックでシンプルなアイテムだけでおしゃれに見えるコツを丁寧に解説します。
スタイリストの川上さやかさんが朝、お洋服を決めるとき、どんな風に選んでいるのか? コーディネートのセルフダメ出しを実況中継! 今日の予定となりたいイメージにぴったりのコーディネートが決められる“チェックポイント”がつまびらかに!
会社員の経験に基づいた失敗しない買い物術の数々……。買ったけどあまり着てない服をつくらないための選び方、試着の際に見るべきポイント解説も。
長くスタメンとして活躍するアイテムとすぐにタンスの肥やしになってしまうアイテムはどこが違う? 着まわしやすいデザインや、お手入れの楽チンさ、流行遅れになりづらいものの見極め方などをアイテム別に徹底分析!


※掲載のアイテムはすべて本人私物です。現在は販売していないアイテムもありますのでご了承ください。

撮影/目黒智子(人物)、武藤 誠(静物)
スタイリング・出演/川上さやか
ヘアメイク/桑野泰成(ilumini.)
構成・文/高橋香奈子

 

第2回「グレーがトレンドに復活!古く見えがちな配色と今年らしい着こなし方」>>
第3回「秋冬コーデをすっきり見せる2大アイテムは、白カットソーと艶ボトム」>>
第4回「アクセサリーのトレンドはネックレスに。レイヤードテクニックをプロが伝授」>>