こんにちは、エディターの昼田です。

先日の記事でご紹介したユニクロのメンズのカシミヤクルーネックニット

 

素材感、サイズ感、シルエットのすべてが私にとってはパーフェクト。

実はこれ、愛用して3年目です。

最初は「これ好き!」で買ったモノが、着る回数が増えるたびにどんどんモノとの距離が縮まっていき、洗うことまでも人に任せず自分で丁寧に。そうすることで「好き」から「安心する」「心地いい〜」「なんかほっとする〜」という感情が芽生えてきます。そう、まるで家族みたいな存在になるんですよね。

プチプラのニットだとしても、買った時よりももっと好きになる。

こんなふうに服と良好な関係性を築けるようになったのは、やっぱり「断捨離」を経たからだと思います。以前の私なら、プチプラはただのプチプラ。扱いも悪く、着倒してナンボでしょ、というマインドでしたが今は違います。私をときめかせてくれる服は、高かろうが安かろうが大事に思う気持ちは少しも変わらないんです。その服の価値を決めているのはいつだって自分なんですよね。
「断捨離」をすることの本当の意味は、モノを手放すことではなく、自分が服に求めていることや自分とは何かを知ることだったのだと、今は思います。

さて、そんなニットは春まで私の相棒。まだまだ凝りずに着回しますので、そのバリエーションを今日はご紹介します。
 

 

関連記事
ニットは3枚、靴も3足あればいい。断捨離エディターがたどり着いた究極のクローゼットの中身とは?>>


STYLE01
丸襟シャツできちんとコンサバに

 
ニット/ユニクロ パンツ/ザラ シャツ/ヒトヨシ コート/ハイク メガネ/モスコット

在宅ワークが増え、カジュアルやラクな格好に慣れた今。その反動で「かっちりしたい!」「きちんとしたい!」という気持ちの私。いつもだったらシャツはオーバーサイズで着るタイプなのに、ジャストサイズでかっちりと。ニットはしっかりとパンツインして、きれいめにまとめてみました。
 

次ページは…「ユニクロのニットがスカートで女らしく変化」
 
 

エディター昼田祥子さんの最新コーディネートを見る
▼右にスワイプしてください▼