ライターさかいもゆるがアラフォー以上で結婚したカップルへのインタビューを通じて、結婚とは、夫婦とは何かを考える連載です。45歳まであえて結婚してなかったイケメンが40代女性と結婚を決めた経緯とは?

郁弥さん(仮名)、46歳。元芸能事務所所属だったというのも頷ける、整った顔のシュッとしたイケメン。ある理由から30代半ばで自分に自信を失くし結婚をあきらめていたけど、偶然出会った4個下のひろみさん(42歳)と去年結婚。

元タレントでシュッとした爽やかイケメン、エスコートもスマート。そんな郁弥さんは実はED。それもあって45歳まで独身だったのですが、運命の出会いは恋愛をあきらめかけていたときに訪れます。

弟さんがセッティングした食事会で、当日来られなくなったメンバーの代わりに急遽呼ばれたのが、弟さんの知人であったひろみさん(当時41歳)。

 

郁弥さん:僕も彼女も無口なタイプなので、その場ではそんなに会話を交わすことはなかったんです。だけど彼女とはもう一度会って話をしてみたいな、と思いました。そのとき何となく、「この人と一緒になるかも」という予感も、今思えばあったんです。

 

郁弥さんから食事に誘って出かけてみると、ふたりは育った環境がとても似ていることがわかってきました。

元々同じ私立のエスカレーター式の学校出身というバックグラウンドがあったのですが、父親同士が共通の趣味で同じ大会に出て顔見知りだったことが判明、さらにお互い長男長女で姪っ子が3人、両親が離婚している、などなど、家庭環境も近いものが。

郁弥さん:バックグラウンドが同じという安心感と、共感しあえるところがたくさんありました。

意気投合したふたりはすぐに交際をスタート。けれど初めてのお泊まりデートで郁弥さんはやはりセックスができず、ひろみさんはショックを受けていたといいます。女性側からすると、男性のEDってこちらに原因があるのかと悩んだり自信喪失しちゃいそうですよね。もちろん、したいのにできない男性側は、もっと辛いのかもしれませんが……。

さかい:そのあと、交際中にセックスできたことはあるんですか?

郁弥さん:一度だけ、薬の力を借りてできたときがありました。でもそのほかは全く……。

この夫婦のED問題については次回にまたお話したいと思うのですが、そんなわけで、セックスはほぼないけれど、その後1年間ふたりは愛を育んで、交際1周年の記念日に、郁弥さんは彼女にプロポーズ。

さかい:ひろみさんと結婚しようと思った決めては何だったんですか?

郁弥さん:ちょうどその頃大きなケンカをしたんです。その2、3ヶ月前にもケンカをしたことがあったんですが、そのときに、たぶん彼女は僕との未来が決まって居ないから不安なんだろうなと。そう思ったので、そのケンカしたときに、ちゃんとプロポーズしようと決めました。

そのプロポーズ大作戦のお話は、次回に続きます。

イラスト/いとうひでみ
構成/川端里恵(編集部)

 

前回記事「「40すぎて独身の男性には何かある」は本当なのか!?」はこちら>>