14

【小林麻美】女性としてどう歳を重ねたいか、1枚の写真のようにイメージする

13

「最小にして最大の効果」と話題のメイクアップ、それが、メイクアップアーティスト・水野未和子さんが提案する「ディファインメイク」。その人の骨格やパーツの形、肌の色などを生かし、その人の魅力を見つめ、深め、高める。外見だけでなく、内面の本質さえも「唯一無二の魅力」としてメイクで掘り起こし、際立たせるメソッドは、ひとりひとりが自分の顔をもっと好きになるきっかけを生みます。

そしてその応用編にあたるのが「インテンスメイク」。メイクされる本人さえもまだ出合ったことのない顔を引き出し、その人の魅力をさらに引き上げるメイクは、新たな可能性を広げてくれます。

そこで、ディファインメイク・インテンスメイクの「真髄」を知る連載企画。今回登場するのは、小林麻美さん。インテンスメイクでは、マニッシュなファッションにあえて女性らしいメイクを施します。

MIWAKO’S MAKE-UP POINT


「最初は、アイメイクもリップメイクもどちらもインテンスにしたいと思っていたんです。でも、メイクをしていくうちに、やっぱり麻美さんの存在感をそのまま生かしたい、と思い、唇だけインテンスにして、あとは潔く抜くことに。アイシャドウは、ほんのりとピンクのツヤが残る程度の影を添えただけ。唇には洗練されていてフェミニン過ぎないあんずのような赤を選んで、しっかりと色をのせながらも、輪郭を少しぼかしました。肌も、あまり完璧に作りすぎると雰囲気を奪う気がして、あえて、麻美さんが持つ肌の質感を残しながら血色を足して、ヘルシーに仕上げました」(水野さん)


その人に属したメイクこそが、もっとも美しい


余計な装飾をそぎ落とした、マニッシュなモノトーンスタイル。
胸元の開け方、袖のまくり方、タイのかけ方……、存在そのものが麻美さんのずば抜けた「感覚」によって研ぎ澄まされていくよう。
抜け感? こなれ感? そんな言葉では決して表現しきれない、圧倒的な格好よさから、目が離せません。

「この口紅、すごく素敵! 赤と言っても、少し個性を感じる色。このメイクもまた、『私らしい』と感じて、とても気に入りました。じつは私、赤の口紅は結構、持っているんですよね。パーティなど少しだけドレスアップして出かけるときに、シンプルなスーツやブラックのドレスを纏って、ほとんどノーメイクに唇だけ赤、というスタイルが好きだから。あっ、パーティなんて、ほとんど行かないんですけど、ね(笑)」(麻美さん)

色をリップに集中させ、ほかの要素をそぎ落としたのは、きっと、水野さんがそのムードを鋭く感じ取ったから。

「麻美さんは、自分という『軸』ありきだから、洋服を纏うと、それがまるで体の一部、肌の一部のように見えるんですよね。だから、メイクも洋服同様、麻美さんの一部にしたい、と思ったんです。麻美さんは言うまでもなく、『ほかの誰かみたい』にする人じゃない。服の選び方や着方も含めて、『人となり』がはっきりと見えている人。服もメイクも、その人に属したものだからこそ格好いい、美しい。改めてそう確信させられました」(水野さん)

 


なりたい自分、ありたい自分を常に思い浮かべること

タキシードパンツ 参考商品(リュンヌ/ラトリエ・エム) チェーンブレスレット¥88000(リーフェ ジュエリー) サンローランのシャツとタイ、マノロブラニクのパンプス、シルバーバングルは全てスタイリスト私物

10代のころから、麻美さんが「なりたい」「ありたい」女性像は、変わらないのだと言います。

「私、ずっと30歳になったら、キム・ノヴァクみたいにショートヘアにしたい、と思っていたんです。結局、ショートヘアにはしなかったんですけど、それは決して表面的に真似をしたいということではなくて、漠然と素敵な大人になりたいという思いをそう表現していたのかなあ、と。結婚を機に仕事を一切辞めて子育てに奔走しているときも、じつは、着る機会などないのに、大好きなサンローランの服を手に入れていました。無意識だったけれど、素敵な大人の女性でありたいという思いは、ずっとずっと燃えかすのように残っていたんですよね。子供が巣立って、母という立場から自分自身に目が向いたとき、『あれっ?』と。この先もっと歳を重ねた姿も、ずっと前から漠然とイメージしていました。木漏れ日の中で電車に乗っていて、傍らには孫がいる。肩くらいの長さのグレイヘアで、ネイビーの服でパールをして……、と具体的なビジュアルを思い浮かべています」(麻美さん)

年齢も立場もすべて超えて、ぶれない、ずれない自分でい続けること。
その積み重ねが、人となりを形作るのだと、再認識させられます。

「今回、ディファインメイクとインテンスメイク、どちらがどちらになっても成立したと思うんです。通常、メイク企画ならメイク主体で見せるんですけど、麻美さんの場合、『ゴール=麻美さん』だから、メイクも自由。服を纏った麻美さんのムードや存在感がそのまま解き放たれるように溶け込むメイクをすることが、本当に楽しかったし、それこそがメイクの真髄だと思いました」(水野さん)

次回はいよいよ、麻美さんがメイクを脱ぐ!
素敵な大人への新たな「指針」が解き明かされます。
 

次ページ▶︎ 格好いい大人の赤リップの選び方は?


マニッシュな服も着こなす小林さんの写真をもっと見る
▼右にスワイプしてください▼

  • 1
  • 2