モデルとして、テレビ出演やラジオパーソナリティとしても活躍中の浜島直子さん、愛称“はまじ”。彼女がファッション、ビューティ、ライフスタイル、さまざまなジャンルで新しい自分を発見していく連載です。

もう少しでタイツの時期は終わり!? とはいえ、素足は無理。間をつなぐ「靴下」の選び方をスタイリスト福田麻琴さんと考えます。

 

関連記事
春の「キレイ色」は難しい!? スタイリストが教える大人が”色”を取り入れるコツとは?【2023春トレンド色】>>

「春アウター」は買うべき?狙うは「コート」よりも「ジャケット」。その理由は? >>


春らしい「白&ベージュ」には「ペールカラー」の靴下がイチオシ!

靴下¥3300/パンセレラ(真下商事) オールインワン¥38500/アンデコレイテッド タートルネック¥8800/ソージュ(ソージュ オンラインストア) バッグの横に置いたシャツ¥53900/ティッカ バッグ¥25300/ヤーキ(ヤーキ オンラインストア) 靴¥39600/デイト(ティースクエア プレスルーム)

麻琴:3月に入って、だいぶ暖かくなってきたよね。20度近い日もあって、さすがにタイツだと暑く感じる日もあるよね。

はまじ:本当だね~。いよいよ春が来た! って感じ。とはいえ、暑がりの私でもまだまだ素足にはなれないな(笑)。

麻琴:まだまだ素足は厳禁だよ(笑)。はまじはパンツが多いから、春に限らず靴下を合わせることが多いと思うんだけど、どんな色に選んでる?

はまじ:そうだなあ、白の靴下を合わせたり、最近は真っ青を効かせたりしていたよ。でも、まこちん(スタイリスト福田麻琴さん)のおすすめは違いそう……だね?

麻琴:白や黒、グレーは確かに合わせやすいし、はまじのように真っ青、そして真っ赤な靴下を効かせている人も多いと思うんだ。それもとっても可愛いよね。でも、春におすすめしたいのは淡いカラー! たとえば、コーディネートで使ったペールカラーのセージ色は、春らしい白やベージュのボトムと相性がいいんだよね。グレーよりも色を効かせている感じはするけれど、真っ赤や真っ青ほどは目立たない、ベーシックカラーと”色”のいいとこ取りのような存在(笑)。

はまじ:なるほど! 本当だね。春らしい透明感のある色がきれいだね。それ薄手だからカジュアルになりすぎないのも、靴下にあまり慣れていない人にも取り入れやすそう。

麻琴:そうなんだよね。イギリスの老舗メーカー「パンセレラ」の靴下は上質で薄手のものが多くて、パンプスにも合わせやすいし、カラーバリエーションも多いからおすすめだよ。淡い色もいいんだけど、もうひとつおすすめがあるんだ。
 

次ページ▶︎春の「靴下」合わせ。淡いカラー以外の おすすめは?

【写真】2023年春に大人が買いたい損しないアイテムって?
▼右にスワイプしてください▼

 
  • 1
  • 2