PROFILE

 
大久保 和夫

大久保 和夫Kazuo Okubo

毎日新聞社会部に在籍し、宮内庁を中心に、皇宮警察をはじめとする皇室関連の取材を26年続けている。皇室を通して日本と日本人について考えることを大きなテーマにしながら、70歳を過ぎても現役記者として活動している。

著者一覧へ
 
   
 
 
ユーザー登録・変更